スープもサラダもパンも食べ終え

仕方ないし、先にサラダとスープとコーヒーとパンを取りにいく。
パンは薄く薄~くスライスしたレーズンパン、胡桃パン、フランスパン、
小さな丸いチーズパン、紅茶パン、など6種類ほど。一枚ずつ取り、席に戻って食べる。
ても来ないよ、メインが!
仕方ないからもう一回バイキングコーナーへ行き一通り皿に盛る。
2回目も食べ終えてしまっても、まだメイン来ず。
さすがに子どもたちまで「何なん、この店、回転悪すぎ。もうお腹膨れてきたわ」
と文句を言い始めた頃にやっとメイン登場。
娘「海の幸のスパゲティって、海の幸、海老だけや」
私「その透き通ってるの、イカやろ?」
息子「そやろな、海老だけで海の幸なわけない」
娘「これイカちゃうわ、玉ねぎや」
息子「ナイわ~…」

私の鶏肉はというと、 皿デカイのに鶏肉悲しいサイズ…。
いいけどさ、もうパンだけでお腹いっぱいになってたし。

結局3人でお会計4,500円也。
満腹だけど満足感なし。でもイライラは収まりました。

店を出て子どもたちに「悪かったな、無理に付き合わせて」と言うと、
「まぁそんな時もあるわ。当たり外れはあるもんや」と冷静なものでした。

家に戻り、
「さあ、猫をお風呂入れるし手伝ってや」と言うと
息子「え~っ!?、行っても行かなくても結局お風呂入れなあかんのか!」
と予想外とでも言わんばかり。
「行かなければアナタが入れる。行けば私が入れるのをあなたが手伝う。
大いに違う」と言うと
息子「あ、バイト、間に合わへん」と逃げる。
私「まだ1時間あるやん、充分できる」
息子「連休最終日やし、早めに行かなければ。後はよろしく~」
娘「は? 私!? なんで今なん。食べた後1時間くらいゆっくりしたい」
聴く耳持たぬ私は猫を担いでお風呂場へ。

「もぉ~っ、母さんほんまイラチ(気が短い)やし!」との娘の文句は、
シャワーをかけられギャーギャーわめく猫の声に消され、
隙を見て必死で風呂場から逃げ出したズブ濡れの猫をワーワー言いながら
タオルを広げて追いかけ回す娘の姿に笑いが止まらず…。

こういう 何気ない光景がいいんだぁ。旅行だけが休日の過ごし方じゃないし、
世間を気にすることないや
とほっこりした幸せを感じる私なのでした。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/chyix51/23462
Calendar
«  June 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others