本当はもっと安いのさ・・・

天下り共が、我も我もと利権にしゃぶりつくから、こんな価格になってる。

利権を守るためには、是が非でも「必要経費」とする。
結果安全性が落ちたりするが、無駄遣いを認めるワケにはいかない。
原発が安全でなければ、保安院の存在価値を自ら否定する事となる。

そしてまた、火力発電への優位性を保つためにも、無駄遣いを隠さねばならない。

「安全性」「経済性」の二点に様々な嘘が塗りこめられるのは、これが最大の理由だわな。

合理的で有効、かつ柔軟性をもった安全策を徹底すれば、より安くより安全な原発が作れる。

東電は、いつまでも行政(天下り)の言いなりになるべきではない。
そりゃまあ、言いなりになってりゃ寝てても収入になる。
しかし原発事業が縮小に向かえば、その保証も消えてしまう。

反原発派に付け入る隙を作らない為には、天下りとの決別が必要だろう。
安くて安定した安全な電力を供給してくれれば、東電社員の収入が世間のン倍だろうと文句は言わん。
天下りと共倒れの道を選ぶのは、賢い選択とは言えんよ。
三体牛鞭
九州神龍

受け身はダメ

基本的に,受け身な態度はダメなのです。
誰かに何かやってもらって幸せになろう,なんて,なおさら。

自分の運命,自分の将来を人任せにするのは,相手が「イイ男」であろうとなかろうと関係なく,ダメなんです。何かをしてもらえたとして,それが本当に幸福感に繋がるかどうかも,分からない。

そういう意味では,「玉の輿」も,「有閑マダム」も,そんなに良い選択ではないのでしょう。

昔,「医者と結婚する方法」とか「弁護士と結婚する方法」と言った特集を組んでいた女性向けの雑誌があったけど,医者であれ弁護士であれ,偉いのは「センセイ」であって自分じゃないわけだし,自分が稼いでいるわけでもない。

医者や歯医者や薬剤師と結婚したくて,そっち方面の分野に勤める人も居るらしいけど,どうなんだろう??実際,その希望が叶った人は,どのくらい居るんでしょう?

だったら,自分が頑張って,その職に就けば,それが一番いいと思います。

ウチの奥さんもそんな人で,生物系,ライフサイエンス系,食品系に進みたくて,だったら国家資格である獣医がいい,と言うことで,獣医学科に進んだ人。
曰く,医者は給料の割に責任が重いし,獣医のヨメになるくらいなら,自分で獣医師免許を持っていたほうが絶対に面白い,と言うことで……

それなりに気が強くて成績が良くて責任を負えるだけの力が無いと,なかなかそういう考えに至らないと思います。

……で,その男勝りな性格ゆえ,ヘタレな男が大嫌い。
私もヘタレだけど,とりあえず同業者で理解者だと言うことで,「幸せにしてちょうだい」とは言われたことは無いけど,私となら一緒にやって行けると踏んだのか,結婚したわけで……

まぁ,その読みが甘かったとしても,自分で何とかする人だし。

……そんなわけで,今日は結婚記念日。とりあえず,ケーキ買って帰宅します。
勃動力三體牛鞭
夜夜堅
三便宝