本当はもっと安いのさ・・・

天下り共が、我も我もと利権にしゃぶりつくから、こんな価格になってる。

利権を守るためには、是が非でも「必要経費」とする。
結果安全性が落ちたりするが、無駄遣いを認めるワケにはいかない。
原発が安全でなければ、保安院の存在価値を自ら否定する事となる。

そしてまた、火力発電への優位性を保つためにも、無駄遣いを隠さねばならない。

「安全性」「経済性」の二点に様々な嘘が塗りこめられるのは、これが最大の理由だわな。

合理的で有効、かつ柔軟性をもった安全策を徹底すれば、より安くより安全な原発が作れる。

東電は、いつまでも行政(天下り)の言いなりになるべきではない。
そりゃまあ、言いなりになってりゃ寝てても収入になる。
しかし原発事業が縮小に向かえば、その保証も消えてしまう。

反原発派に付け入る隙を作らない為には、天下りとの決別が必要だろう。
安くて安定した安全な電力を供給してくれれば、東電社員の収入が世間のン倍だろうと文句は言わん。
天下りと共倒れの道を選ぶのは、賢い選択とは言えんよ。
三体牛鞭
九州神龍