妊活

受精卵が着床した時が妊娠!というのではないかと言われていますが、着床する場所は子宮内膜ですね。房事の神油ここの状態が重視されるようですが、子宮内膜症という辛い病気もあります。

子宮内膜症は「子宮の病気ではない」!?「ためしてガッテン」より

子宮内膜症の発症には、「月経」が深くかかわっています。毎月、女性の体の中では、妊娠に備えて、いつ受精卵が着床してもいいように、子宮の内側の子宮内膜が厚くふかふかになっていきます。

この子宮内膜は、赤ちゃんのベッドになるものですが、着床しなかった場合は、はがれて血液とともに外に出されます。これが月経です。実はその際、外に排出されるはずの月経血の一部が、999皮炎平卵管を通っておなかの中に逆流してしまうことがあります。この逆流が原因となっておなかの中のあちこちに子宮内膜がちらばり、子宮内膜症を発症してしまうと考えられています。

発症のメカニズムについてはさまざまな説があり、未解明の部分も多いのが現状です。

腹膜や卵巣、あるいはまれに肺や腸など「子宮以外の場所」に定着した子宮内膜が、そこで増殖、剥離を繰り返すことなどによって炎症や痛みを起こす、それが子宮内膜症なのです。子宮内膜症を放置すると痛みがひどくなったり、
周辺の臓器と癒着してしまったりして、日常生活をおびやかす大変な事態になってしまうことも。

循環の問題なんですよね(;´д`)同仁堂牛黄清心丸
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/comnuoie/27484