飛行機嫌い解決の御願い

私、外国に行くのが苦手。行く機会も良く金も無い。
もし、行く機会や金があっても素直に行くとは言わない。
何故なら、外国へ行くと、どんな事に巻き込まれるか解らない。日本語が通じない。
 それなら「ハワイ」が良いらしい。と言うよりも若い頃、会社の慰安旅行で行った事がある。日本よりも数倍厳つい警察官がウロウロしていて、治安は良い。大抵の場所で日本語が通じる。
 しかし、それでも行く気にはなれない。
それは「パスポート」第一、取るのに一万円以上も要る。しかも平日に行かなくては駄目。書類も色々と要るので面倒。
 もし、これらの事をクリアしたとしても海外に出かけるのが嫌な理由がある。
それは「飛行機」
「飛行機」が離陸するのは何とか理解できる。引力よりも強い力を加えれば良い。
ロケットが、それだから納得できる。
着陸も引力に従って降りて来るので理解可能。
問題は「何故、宙に浮いて、前に進むのか」が全く解らない。
昔、CA(キャビンアテンダント)を職業としている人に約2時間、説明されたが理解出来なかった。
単純に考えて、人の体重50㌔と考え、200人乗っていたとしたら、その重量だけで10tになる。それだけでも宙に浮くのは、どう考えても不可能。
それに飛行機本体の重量などを加えたら、益々不可能。CA曰く「空気の流れの違いで浮力を生み。それで浮かせる」と言っていたが、何かおかしい。
単純に考えて、落ちない方が不思議である。
そう考えら飛行になんて怖くて乗れない。
従って、海外は勿論。国内でも飛行機でなくては行けない所には行きたくない。
 やはり、新幹線が最も安全な乗り物。
新幹線は開通以来、運転での死亡事故は0である。(線路に飛び込んだら別)
新幹線と在来線を乗り継いで、のんびり国内旅行が一番良いと言う結論。

もし、こんな私に飛行機の安全性について、教えていただける方がおられれば歓迎。

旅客機内は、酸素マスクがぶら下がっており 機内で動いている人は 確認出来ない状況で、なんと1人の人影を発見
機内は、酸素もかなり少なく 動ける人はいないはずなのに
空軍は、ハイジャックを想定してました
しかし、後の検証で 違うことが判明
動いていた人影は、パイロットと判明
そして、パイロットは 最後の力を振り絞って、機体を操作し 町から離れた場所へ 機体を操縦し 墜落させました

バイト終わり

どーもバイト終わった琉西です
まだ三日目だけどすごく誘惑がいっぱいあるよ
見てると食べたくなるものばかり
こまる

んー、今日はただでさえ不満なのが更に不満になった
あ、仕事じゃないよ?
家庭でね
多分…というか絶対めんどくさいやつだと思われてるだろうし
お互いに嫌いなんだろうし
琉西はともかく向こうは欺き続けるとか欺くとかそういう事はしないし出来ない人だろうから
琉西は欺き続けるけどね
世間体とかじゃなくて悟られないようにするためにさ
飯作らないのもそういうのなんだろうし
ことあるごとに琉西のせいかよって思います
そこまでやらかすほど琉西も暇じゃないんだけどなぁ

で、いまの話し相手は妹達しかいない
それもチャー
チャーは琉西が体調悪いと寄り添って温めてくれる優しい子
ずっと側にいてくれます
チャーとは一日の半分以上をともに過ごします
まぁ他の子とも話すけどチャーが一番話すかなぁ

多分妹達は人間以上に気持ちや感覚に敏感だから琉西が何を思ってるのか何を考えてるのかすこしはわかるのかもしれない
今すこしお腹空いてるとかもね
お風呂入ってなんか食べようかな

そして今日は体調のせいもあってか結構疲れちゃいました
おやすみなさい