もはや暴力的な猛暑

あー暑い暑い。朝7時の時点で確実に30度超えてるでしょ、って感じ。
駅まで歩いて、ホームで始発待ってる間も、ずーーーっと玉の汗。
…体から汗が出なくなったらそれは老化ってことらしいので、まぁよしとする?
たぶんもこんだけ汗かいて水分取ってれば、熱中症にもならんだろうし。
催淫剤
月曜の午後はあちこち走り回ってへとへとになり、這うようにして帰宅。
で、昨日はお休みだったものの、特に朝寝とかしないでがんがん洗濯し、午前中のうちに法務局へ。やっぱり夏休みの宿題だって午前中の涼しいうちにやるもんでしょ。
…すでに涼しくなんかなかったけど。
法務局の相談コーナーに直行して、自分で書類を作ったので見てくださいと言ったら、係のおじさんに「よくできてますよ」と褒められた。えっへん。
12日までになんの連絡もなかったら手続き完了ってことなんだそうで、そしたらまた返却する書類を取りに来い、と。郵送とかはしてくんないのね。
とりあえず問題がないことを祈りますだ。
催淫剤
これさえ終われば晴れて現在の住居は完全にうちのもの。
名義がダンナだけになってるっていう問題はあるにしても。
いずれ共有名義に書き換えるかなぁ。めんどくさ。

さて、もうじき夏休みだ。
平日に7日好きな時に休みを取れるが、いつにするかなー。
1週間フルに休んじゃうと、休み明けがつらいので、火・水とか、水・木とか休むんだんだよね、去年は確か。
ダンナの夏休みは今年はなんか少ないんだそうで。でもどっちみちお盆だし。
パパのお墓参りにも行きたいし(少し痩せたので大威張りか^^;)。
群馬のおじさんの新盆とかもあるのかも。
うーん、とにかく8月こそは少しは暇になってほしいんだけどねー。

KS国事件、少年は何故殺されたか。

何故、少年は殺されたのか。この事件は、少年グループ内のイジメリンチ殺人、では片付けられない。少年には、加害者のFの暴力に対して、激烈な抗議を行ってくれる友人たちがいた。体を張ってかばってくれた先輩もいた。転校の際には、島始まって以来と言われる友人・知人が集まり、横断幕を掲げて別れを惜しんだという。

少年には、人を引き付けるカリスマ性があったのだ。

だが、それが仇になったのではないか。

空威張りと暴力で自分を大きく見せていたFにとってそれは妬ましく、かつ脅威だったのだろう。

少年が、17歳の少年にメールしたのは、Fと自分の板挟みになっている彼への一種の気配りからであろう。

だがそれが、結果的には命取りになってしまった。

かくて残虐非道な殺人と相成った。

少年のご冥福を心からお祈りします。
三便宝
蟻力神