身近な洗脳

他者を考えて、そして救えるか・・

時に諭し、理解を得られるかもしれない。

ただね、本当の救いとは自分自身で判断できる様に導くもの。

継続的に不安な気持ちを利用して、利益に繋げる事を俺は嫌悪する。

魂の在り方とは自分と向き合う事。

他者からの言葉では自分は救われない。

気を付けろ。

魂が弱っている時は、人は信じやすくなり無防備になりがちなんだ。

特にセミナーとかな。

何故かと言えば簡単だ。

その会場に居る事が相手(詐欺師)にしてみれば、ありがとうって感じだ。

だって、困ってるから来てるんだから。

鴨がネギと包丁とまな板と鍋と、え~っと・・・ガスコンロを持ってきた様なもんだ。

だからな、そういう詐欺師に会わない為には、自分の為に何かしてくれる奴は友達か家族くらいだと思う事。(友達が洗脳されてたり、家族が熱心な新興宗教信者は除く)

人はメリットが有るから、人に近づくんだよ。

その弱みにつけ込む理由は?

金だろ。

もう一度言う。

自己啓発は他人からの言葉ごときでは出来ない。

それが出来る様に感じさせ、思い込ませる、それを洗脳と言う。

金の匂い、不幸の押し付けに注意するんだよ。

自分で息を止めてみろ。その内、苦しくなって息をするだろ。

苦しくなって息をする。

それで良い。

それと同じ事を人間って未熟な生き物が繰り返してるだけ。

俺も皆と同じ。
苦しみの中でも生きていけるのは愛を知り信じていける者。
蟻力神
三體牛鞭

親父と喧嘩してもう20年近く。

今日会社で同僚とどういう流れからか忘れたけど千日前火災の話しになった。

あっ、地元で有名な心霊スポットの話の流れやったわ。

あの辺の近くに住んでたから多少噂は耳にしてたし。

まぁそっち系の話しはどうでもよかったんやけど地元の話題が出たときに急に昔の事を思い出してもうてなんか悲しいって言うか腹立つ事も思い出したんやけど・・・(;´Д`)

もう20年近くなるんやなぁって。

親父と喧嘩別れして宛もなく旅に出て放浪して愛知に流れてきたのが。

人ごみが嫌でせわしいのが嫌で親父が嫌で離れたんやけど…今の大阪がどうなってるのかちょっと気になってもうた。

まぁ俺の意志で大阪に足を運ぶ事はもう2度と無いけどな。

もう顔も忘れてもうた。

俺に嫁や子供がおる事も

気付いて孫の顔が見たくなっても死んでも会わせんけどな。

そう思いながらも俺ももうすぐあの頃の親父の歳に近付いてるわ。

大阪出てからがむしゃらに勢いだけで生きてきたけど月日の流れるのは早いなぁ。女性媚薬
紅蜘蛛