久々に書こうかな。

そう、日記を
とはいってもいつも、ここでは書く事無いんですよねー。。。
なので悩んでしまう。
というわけでまた趣味のお話でも。

多分今までの日記では、
車やカメラはもう書いたはず。最低一度は。

なのでお外に出る趣味じゃなくて、今度はインドアな、室内型にしようかな?

「サブカル」って言えばわかるかなー?
要するにアニメやマンガ的な。
いわゆる世間一般的にヲタクと云われてる人種。
ただ、自分の場合は少し視点が違ってて。

ある程度わかる人ならわかるはず。
「同人」って単語。
wikipediaとかで調べてもらえればすぐに意味はわかると思うけども、要は同じ趣味の集まり。
それの販売場所「同人誌即売会」なるイベントが大小様々な規模で全国あちこちで開催されてる。
まあいえば、素人が雑誌やCDを作って販売(厳密に言うと儲ける為にやっているわけじゃないから頒布っていいます)する所があって、もちろんその素人作品を買う人も居て。

自分はそれの作り手側です
そう、ヲタクへモノを頒布する側。勿論、買う事もあるけどね。
これが別に、二次元の絵なんかに限らず、例えば自分はカメラが趣味なんで、風景写真とかを写真集という形で頒布するのもアリ。

やる気のある団体なんかは、PC用ゲームを作ってしまうような所もあったりするからビックリするw しかもクオリティが高いものになると、商業販売しているような普通のタイトルと大差無い程の出来栄え。
んで、例えば、さっき言った風景写真とかをこういう「ゲーム制作している団体へ素材として提供できたら面白いなぁー」とか考えると、写真集ではなくて素材集として、データCDとして頒布するという形式も、これはこれで一つの形である。

やり方はいろいろ。

そんな感じで、何かテーマを決めて、それについての作品制作なんかをやってたりします。
ま、ひとまずこんな所かな?
女性媚薬
紅蜘蛛

味覚

人生不思議なもので
時が経つと味覚にも変化が生じます
僕は割りと真面目な性格で(自分で言うな
周りの友人みんなお酒とかは
割りと早めに手を出していたけど(時効
僕は初めてお酒のんだのが20過ぎてから
浪人してたっていうのもあるけれどね
だけどお酒を飲み始めた時
ビールの旨さは全く理解できなかった(皆そうでしょ?

なんだ?この苦いシュワシュワは
気持ち悪い事この上ない
なんで高い金払ってまで味わいたいねん
くっそまずいもん
などと思ったりしていた
が、今となっては命の水←
ありがたやありがたや
ただで飲めるところへならどこへでも(おぃ
人の味覚は変わるものですね(都合よすぎ

そんな変化が実は身近にも起こっていました(ガチでビビった
我が家の先ほど明らかになった味覚の変化
1.親父が酒飲んだ後飯食うのに
飯の友としてキムチを好んでいたが
実は今は嫌い
(家族全員驚く そして、ずっとキムチ食べてた親父よ いったいなぜ?w

2.僕がカレー好きで
それのせいで僕が小さい時
いやというほどカレー作らされていた母(カレー嫌い:当時
僕が実家を出たせいでカレーをあまり作らなくなっている間に
自分がすきになり、作りすぎで
今は父親がカレー嫌いになっている(なんだこのダイナミクスは

3.昔、母(そうめん好き)がそうめんを大量に通販で購入し
食わされすぎたことに加え
余ったそうめんを味噌汁にいれ
それが傷み、食べた時のおぞましい味のせいで
そうめん嫌悪になった僕
今年食ってみたら意外とうまかった(目からうろこ

他にも探せばいろいろあるかもしれない
我が家の味覚
あんまりにも変化して驚いた(特に我慢してキムチを食っていた親父
どうでもいい情報でしたね
ま、味覚はかわるもので。

貴方の味覚はかわりましたか?
これからかわりますよ
間違いなく

ビールの味を覚えたかったら
付き合います←

ということで
人気のない日記ですが
コメ欄あけときます

味覚の変化についてどうぞ
ご記載ください

そうそう、昔絶叫マシン
怖すぎて(幼少のころ
それ以来、なぜかね払って
怖い思いしなけれりゃならんのだ?と
内心他人が絶叫マシンたのしむことにさえ
こころの中で必死に抵抗運動のシュプレヒコールをあげていた僕

数年前、元カノと
富士急行って、彼女よりも
絶叫マシンをたのしんでいたことは内緒です

絶叫マシン苦手な人
だけど好きになりたい
味覚変えたい人もご連絡おまちしています←おぃ
五便宝
蔵八宝