酒飲みたい

この歳になると
大なり小なり身体に悪いとこもででくる…

比較的健康体のほうだと自負はしているが
ちょっと調子が悪かったので
内視鏡検査して、ついでにポリープ取ってもらって
結果がでて、ある薬処方してもたったが

薬飲んでる間は禁酒と告げられた…

1週間も…

まだ3日目だが、やっぱり夜になると飲みたくなってくる…

やっぱり、アルコールに依存しているところあるんやな~

あと4日の辛抱…

明けたら飲むぞ!!!

となりに女性でもいたらもっとうまい酒になるだろうけど…

当分なさそう…

また一人酒か…

それもいいけどね
五便宝
蟻力神

久しぶりにヤッタ

今日は仕事でしたが、あまり忙しくないため、昼に会える人を探して掲示板を見ていました。

こうゆう時に営業の外回りの仕事は自由がきいていいですね。仕事中でもホテルに行ける♪

今日、会ったのは49才の人妻女性、私より10才上の上品な感じの方でした。

やりとりしている時から、かなりスケベで積極的なメールを送ってくるので、どんな人かと思えば、見た目上品でとてもスケベとは無縁と思われるセレブっぽい雰囲気を持つ女性でした。

待ち合わせして車に乗せ、世間話をしていると、何やらバックをごそごそ見て、取り出したのはローター、ホテルまでの移動時間もエッチな行為をしていたい、時間を無駄にしたくないとの事、私にローターを手渡すと、好きな所に当てて欲しいとお願いされました。

こちらは運転中のため、事故らないように気をつけながら、ホテルまで彼女の股間を刺激していました。

ホテルの部屋に入るなり、服もそのままで突然のキス、そのままベッドに倒れると上に乗られて服をはぎ取るように脱がされました。

犯される!と思ったら、自分から私の顔の上にまたがり、アソコを顔にこすりつけてきます、とにかく糸を引く粘り気のある愛液が止まらず、私の舐める舌の動きを止めると、顔にたれてくるほど出てくるほどでした。

挿入してからは私のペースで、とにかくイク回数が多く、一分に一回のペースで逝っていました。
挿入してから40分後、私が逝きそうになるころには半分失神状態でした。

若い男と激しいセックスがしたかったとの事なので、満足した優しい笑顔でキスしてすれました。

スッキリしたところで午後からの仕事頑張ろう!
五便宝
蟻力神