歩きスマホ、死に至ることも 画面見てイヤホン…転落

歩きながらスマートフォンの画面を見たり操作したりする「歩きスマホ」が原因の事故が絶えない。人で混雑する場所での衝突や駅のホームからの転落事故――。消防や鉄道会社、携帯電話会社が注意を呼び掛け続けているが、今月13日には電車にはねられ死亡する事故も発生した。

転落事故があった駅で「危険」を訴えるポスター

 東京都品川区にあるりんかい線天王洲アイル駅。13日朝、都内の大学に通う20代女性がホームから転落し、走行中の電車にはねられ亡くなった。警視庁品川署によると、女性はスマホの画面を見ながらホームを横切るように歩いていた。耳にはイヤホンを付けていたという。

 2002年に全線開通したりんかい線で、ホーム内での死亡事故は、これが2件目だった。事故を受け、列車を運行する東京臨海高速鉄道は線内7駅のホームに「歩きスマホ 大変危険です」と注意を促すB2判のポスター計28枚を掲示。これまでもホームや車内のアナウンスで注意を促していたが、同社担当者は「痛ましい事故を起こさないために引き続き(危険性を)周知していく」と話す。

 東京消防庁によると、15年までの5年間に携帯電話やスマホに絡む事故で救急搬送された人は172人。最多は15年の42人(暫定値)だった。

 このうち駅のホームから転落する事故は11年3人▽12年1人▽13年4人▽14年0人▽15年5人。13年には小学5年の男児が携帯電話を見ながらホームから落ち、顔などにけがをする事故があった。

 東京消防庁が14年、18歳以上の男女400人を対象に実施したアンケートでは、「歩きや自転車に乗りながらスマホ等の使用を経験」は49・1%で、「使用に際し危険性を感じる」と答えた人は9割に上った。
蟻力神(第五代)
三便宝
蟻力神

電車内で女子高生の下着の中に手を…わいせつで技官を懲戒処分 警察庁

警察庁は27日、強制わいせつ容疑で逮捕され、その後、被害者と示談が成立して不起訴処分となった警察庁の男性技官(33)を停職6カ月の懲戒処分にした。
http://www.hakanpo.com/p/pro656.html

技官は同日付で依願退職した。

 技官は通勤中の4月18日、東京都内を走行中のつくばエクスプレス車内で、女子高生の下着の中に手を入れた疑いで、警視庁の捜査員に逮捕された。

 技官は「女子高生が自分の好みだった」と話し、1月や3月にも同様の行為をしたとしている。

女子高生からの相談を受けて捜査員が張り込みをしていた。
三体牛鞭
狼一号

オリ 赤っ恥22失点 プロなのに…ストライク入らん14与四球

◇パ・リーグ オリックス6―22ソフトバンク(2016年5月24日 ヤフオクD)
三体牛鞭
 オリックスが歴史的な惨敗を喫した。先発のディクソンが3回途中7失点KOとなったのは、ほんの序の口。

 4回までに今季最多失点を更新し、5回で1―20という高校野球ならコールド負けの展開。7回以外は毎回失点しての22失点で、球団記録の29失点(03年8月1日のダイエー戦)に迫る赤っ恥となった。

 03年にソフトバンクの前身ダイエー戦で4度も20失点以上を食らっており、悪夢がよみがえる惨敗ぶり。試合後、福良監督は「きょうは何もないでしょう。先発が早く降りたらこうなる。ストライクが入らなかった」とあきれ果てた顔で語った。ディクソンも「いい試合ができなかった。それだけ。初回の柳田の本塁打の前に四球を出していたから、(リズムが崩れたとか)関係ない」と肩を落とした。

 問題は四球数だ。ディクソン4つ、大山5つなど出てくる投手が軒並み乱れて、4回には1イニングで4度の押し出し四球という珍事も発生。14与四球は、60年以降では球団ワーストで、リーグ記録の16に迫ったほどだ。小林投手コーチも「大山はストライクが入らないんだから話にならない」と厳しく言い放ち、試合後のコーチ会議で大山、鈴木優の2軍降格と、小松と坂寄の1軍昇格を決めた。
狼一号
 直前に3連勝した分を全てはき出す3連敗で、借金は今季最多タイの7となり、5位に転落。3戦目の26日に中5日で金子を配置するなどカード勝ち越しを狙ったのに、それも危うくなってきた。

髭男爵山田、ダイエット企画で16kgの減量に成功

本日8月22日、都内にて「ベジライフ酵素液Presents ダイエットマラソン2012 SUMMER」の結果発表イベントが開催され、髭男爵・山田ルイ53世、マリア・イーちゃんらが登場した。

巨人倍増

ダイエットをサポートする「ベジライフ酵素液」の株式会社ステップワールドが、長距離走に見立ててダイエットの成果を競う「ダイエットマラソン2012 SUMMER」を先月7月11日より開始。山田とイーちゃん、読者モデルの鏑木梨奈(りなぽ)、藤澤花恵の4名が“42、195日”にわたり、ベジライフ酵素液を用いた健康的なダイエットに「ダイエットランナー」として挑んできた。

そんな「ダイエットマラソン」がゴールを迎えた本日、注目の体重測定が実施され、ついにダイエットの成果が明らかに。山田は当初の131.4kgから15.75kg減の115.65kg、イーちゃんも67.6kgから11.65kg減の55.95kgと、それぞれ大幅な減量に成功していることがわかった。スタート時の体重との減量差がもっとも大きいランナーが優勝とされ、もともとの体重を考慮したハンデの数値も定められていたが、結果的にはハンデをものともせず山田が優勝。山田は「まさか勝てるとは! 太っててよかった(笑)。嫁、ありがとう!」とハイテンションで雄叫びをあげた。イーちゃんも健闘したが惜しくも2位。「悔しいですね」と話したものの、見事スリムになった体形について「もう小雪さんにしか見えないですよね」と自画自賛していた。

五便宝

山田の口からは「やせたので貴族の衣装がダボダボになる。新しく作るのにオーダーメイドで10万円くらいかかる」と贅沢な悩みも。とはいえ「こないだしんどいロケをしたが、身体が楽だった」と減量の効用に笑みを浮かべ「『俺、できるんだな』と。きっちり結果が出て自信が持てた」と話している。なお優勝者には「痩せた体重(-ハンデ分)×5万円相当の賞品」が与えられ、山田には約52万円分の賞品が進呈されるとの発表が。意外な高額に「マジですか? すみません、めっちゃ助かります!」と喜ぶ山田は、使い道を記者に尋ねられると「娘のために」と明かした。

<公売>殺人事件の起きた住宅 756万円は高いか安いか

この4月、千葉市が「殺人事件があった」家を公売にかけた。5月17日まで入札が行われている(申し込みは締め切り)。買い手はつくのか、更地になるのかと興味はつきない。事件・事故があった不動産物件の「再生」について、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんが解説する。
三便宝
 公売になった土地の見積金額は756万円。土地面積527平方メートル(約160坪)、建物面積308平方メートルでこの価格は、破格である。

 もともと、物件のある一帯はバブル期に高級住宅地として建設された場所。当時、建売住宅1戸が6000万円程度だった。該当する住宅は2区画分を使う大型住宅なので、その倍、1億円以上の新築価格だったと推測される。

 といっても、それはバブル期の新築価格。バブル崩壊から25年もたつ現在は、建物の評価額がほとんどゼロとなり、土地価格も3000万円から4000万円程度と考えられる。それでも、756万円の見積もりは破格である。もし、その価格で落札できたら大もうけ……かどうかは判断が分かれるだろう。

 なにしろ、殺人事件が起き、ほとんど事件当時のまま約2年間放置されたままの住宅である。普通の人は「いくら安くても」と二の足を踏むだろう。では、この後どうなるか、が今回のテーマだ。

 ◇人が死んだ家は決して珍しくない

 世の中には、人が死んだ家は決して少なくない。今回のような殺人事件は少ないが、病死や自殺のあった家ならば、私自身何度か出合っている。それらは、相場価格より安く売られたり、貸し出されたりする。

 というのも、「人が死んだ家である」ことを隠して売ったり貸したりできない決まりになっているからだ。宅地建物取引業法は、住み心地を左右する重大な事実を隠して売ってはいけないと定めている。

 「殺人事件のあった家です」と説明すれば、買い手は尻込みする。だから、大幅に安くしなければ買い手はつかない。現実的には、相場の半額よりもさらに安くなり、不動産業者が買い取ることが多い。

 今回の場合、何もなかった場合の相場が3500万円だとしたら、事件が起きたことで1500万円ぐらいに。千葉市の公売見積価格はさらにその半額に相当する756万円なので、思い切り下げた設定といえる。

 問題は、ここから先だ。
蟻力神
 これだけ安くすれば、不動産業者の買い手が現れるのではないか。その先はどうなるか。一般的には、買い取った不動産業者が他の不動産業者に転売する。その不動産業者はさらに他の不動産業者に転売……転売を繰り返すうちに、家は取り壊され、更地になる。やがて、新しい住宅が建てられ、建売住宅として分譲される。今回の場合は、二つの建売住宅が分譲されることになると思われる。

 建売住宅を分譲する際、「以前、殺人事件があった場所」であることが説明されるのか。それは何ともいえない。

 「人が死んだ場所」という事実は、永遠に言い続けなければならない、というものではない。もし、「永遠に」となれば、首都圏には、戦争の空襲や関東大震災で多くの人が亡くなった場所がいくつもある。戦国時代の戦場もあるし、家で亡くなる人の数は現代でも少なくない。言い出したらキリがないのだ。

 それで、ある程度時を経れば、事実を話さないようになる。その明確な基準はないので、不動産業者は「もう、事実を話さなくてもよいだろう」と思われるまで転売を繰り返し、土地を寝かせる期間を設ける。

 もしくは、「以前、不幸な事件があった場所ですが、今は、その面影は感じられないでしょ」と言えるまで時間をあけ、僧侶による供養(もしくは読経)、神主による祈とうを行ったのち、真新しい住宅でイメージを一新させるわけだ。

 ◇ある程度時間がたったら切り替えも必要だ

 このような不動産業界の仕組みを「ずるい」とか「汚い」と感じるかもしれない。しかし、それは「事件が起きた家」周辺の住人が望むことでもあるのだ。

 周辺の住人にとって一番嫌なのは、「事件が起きた家」が事件当時のまま残され、無人のまま廃虚のような姿をさらすこと。決して気持ちのよいものではなく、周囲の住宅の資産価値を下げる要因にもなる。「もう、こんなところに住みたくない」と引っ越しを考えても、「事件があった家」が残っていると、周辺の家にも買い手は付きにくい。

 亡くなった方を弔う気持ちを持ちつつ、ある程度のところで事件は過去のものとしたい。そのためには、古い家が壊され、更地になって草や花が咲き、やがて新しい家に新しい住人が住み、子どもの笑い声が聞こえる、という変化が起きてほしい。

 そのような変化が起きるためには、誰かが動かなければならない。今回、千葉市が行った「殺人事件が起きた家」の公売はその第1歩、という側面があるわけだ。

新宿西口の高速バスターミナル、45年の歴史に幕

東京・新宿駅南口に1日約1600便が発着する日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」が4月に開業したことで、これまで、同駅周辺に点在していたバスの乗降場はその役目を終えることになった。
蟻力神(第五代)
ヨドバシカメラ新宿西口本店横にある「新宿高速バスターミナル」も8日、最終便となる午後10時25分発の松本行き臨時便の出発で45年の歴史に幕を下ろした。

 同ターミナルは1971年に開業。「バスタ新宿」が出来るまでは、長野県松本市や甲府市などに向かうバス約300便が連日、ここから出発した。特に、特急列車の直通運転がない長野県飯田市に向かう人にとっては東京の玄関口となってきた。
三便宝
 最終便の出発にはバスの愛好家や「バスタ新宿」の福島八束所長が駆けつけ、見送った。最終便の運転手に花束を渡した高速バスマーケティング研究所の成定竜一代表(44)は「ここでのアルバイトでバスと出会ったのが私の原点。そのバスターミナルが役目を終えるのは感慨深い」と話した。