関東甲信、激しい雨注意=気象庁

気象庁は23日、関東甲信では雷を伴う激しい雨や突風に注意するよう呼び掛けた。

 南から暖かく湿った空気が入る一方、上空に寒気が流入し、大気の不安定な状態が24日にかけて続くためという。

 24日午前6時までの24時間雨量は多い所で、関東と伊豆諸島が100ミリ、甲信が80ミリと予想される。22日に台風9号による大雨が降った地域では土砂災害や河川の増水に警戒が必要。 

興奮剤German Black Widows
God of sexual love性愛の神
SPANISCHE FLIEGE D5