原沢を電撃指導!山下副団長、道着姿で超異例の“金”寝技伝授 柔道/リオ五輪

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表が27日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの直前合宿を公開した。練習では日本選手団の山下泰裕副団長(59)=全日本柔道連盟(全柔連)副会長兼強化委員長=が100キロ超級の原沢久喜(24)=日本中央競馬会=に異例の直接指導。1984年ロサンゼルス大会無差別級金メダリストのレジェンドが、最重量級の後継者に寝技の極意などを伝授した。

壮天根
魔根
巨根カブセル

 前回ロンドン大会で史上初の金メダル「0」に終わった柔道男子復権へ、「世界の山下」はいてもたってもいられなかった。100キロ超級代表の原沢に五輪直前に異例の直接指導を行った。

 「マスコミの取材日(合宿公開日)じゃなければ、よかったんだけど…。目立つところで派手な動きをするべきではなかった。でも、気持ちを抑えきれませんでした」

 乱取り稽古が始まると、道着に身を包んだ山下副団長は原沢に熱視線を送った。そして、おもむろに近づき、手取り足取りでアドバイス。技のかけ方を実演する熱の入れようだった。本番を目前に控えた直前調整で、全柔連副会長兼強化委員長でもあるレジェンドの異例の行動に周囲は騒然となった。

 「あと2つ確実にポイントを押さえれば、絶対に試合でものになると思った。できれば、(指導が)生きる場面がある」

 伝授したのは、立ち技から寝技への移行の仕方だ。グラウンドに持ち込んでから、絞め技を繰り出す。相手が嫌がり、うつぶせ状態からひっくり返れば、抑え込む。

 現役時代に203連勝。外国選手相手には無敗という成績を残した山下副団長が得意とした流れ。1984年ロサンゼルス五輪でもこの流れから金メダルを手にした。極意の一端を「体重のかけ方と足で相手の首を制する。この2つ」と明かした。

 原沢は指導を真剣なまなざしで聞いた。寝技はここにきて、強化していたポイント。「いい状態で迎えられそう。自分の柔道で一戦一戦を戦い、目標はもちろん金メダルです」と手応えを口にした。

 100キロ超級には世界選手権7連覇中のテディ・リネール(27)=フランス=がいるが、山下副団長は原沢に期待を寄せる。

 「日本では最重量級の勝者が世界で一番との認識がある。原沢がリネールを倒すのは、ほかの階級の金メダルとはひと味も二味も違う」

 公開練習後の壮行式では昨年1月に死去した前強化委員長の斉藤仁氏の遺影が、関係者に抱かれて入場。「仁ちゃんの代理として頑張る。リオ五輪が終わり、仁ちゃんがあの世でほほ笑んでくれることが夢だ」。後任を務めるレジェンドは遠くを見つめた。

オシャレ「聴診器」超ニッチ市場で大当たり、流線形フォルムに携帯性 「200年変化なかった」業界に挑戦

過去200年、ほぼ同じ形のままだったという聴診器。今年7月、デザインと使い心地を重視した斬新な製品が生まれました。流線形の独特なフォルムと、折りたたみができる携帯性。現場の医師の声を元に開発した製品は、発売と同時に売り切れとなる人気を見せています。

従来の聴診器と比べると…こんなにオシャレ! まるでアップル製品、箱のデザインにもこだわり
「使い心地」後回しだった医療器具業界

巨根カブセル

 デザインにこだわった聴診器「U scope」を手がけたのは、「おしゃれ白衣」で知られるクラシコ社(東京都渋谷区)です。元々、「デザインにこだわった白衣がない」という医師らの要望から、ドラマでも使われるようなおしゃな白衣を開発した同社。社長の大和新(おおわ・あらた)さんは、聴診器の開発を思い立った経緯を次のように語ります。

 「白衣をはじめ、これまでの医療器具は、実際に扱う人の『使い心地』をおろそかにしがちだった。結果、ソフト面での改善が進まず、現場の人が酷使されてしまう状況につながっていたんです」

 特徴的なデザインは、プロダクトデザイナーの吉富寛基さんが担当。指にフィットする流線形のフォルムや、首からかけた時でも美しい新たな聴診器のスタイルを生み出しました。
こだわった携帯性

D8 催情剤

 デザイン重視とはいえ、命を扱う仕事の道具。製品化するには医療機器製造販売業許可が必要なこともあり、聴診器メーカー、ケンツメディコ社(埼玉県本庄市)と共同で、3年をかけて開発しました。

 大きな特徴が、折りたたみできる携帯性です。
 「白衣のデザインをする時、聴診器が入るような大きいポケットの要望がありました。そこで、折りたたみできるデザインにこだわりました」と大和さん。

 そのため、折りたたみを可能にする金属パーツを採用。パーツは何度もテストを繰り返し耐久性を改良していきました。「一番、難しかった」という左右のチューブの結合部分の金属パーツの開発に成功したことで、忙しく動き回る医師の動きに合わせたデザインを実現させました。
19世紀からほとんど進化していなかった…

 実は、聴診器の世界は200年以上、大きな変化がなかったと言われています。

 大和さんによると、1816年にフランス人医師によって発明されて以降、素材などの変化はあったものの、ほとんど同じ形のまま、現在に至るそうです。

淫インモラル

 大和さんは「医療器具の業界は、代理店をはさんだ複雑な仕組みになっていて、メーカーが医師の声を聞く機会があまりなかった。白衣と同じように、現場の悩みは大きかったんです」と言います。

 安いものだと数千円の製品もあるという聴診器。その中で「U scope」は3万4千円からの値段設定で「ハイエンドの価格」となっています。

 それでも、7月14日に自社サイトで販売を開始すると、速効、売り切れのモデルも出るほどの人気に。

 発売前、開発資金をクラウドファンディングで募集したところ、4日間で1万5千ドル(約159万円)の目標額をクリア。最終的に317%の達成率になったそうです。

 「海外からの応募が6割を占めました。聴診器の悩みは世界共通だったみたいです」と大和さんは手応えを感じています。

 今後は、海外展開を含め、新しい聴診器の世界を広げていく予定です。

井岡一翔「何で…」友人・阪神西岡の重傷にショック

3度目防衛に成功したボクシングのWBA世界フライ級王者井岡一翔(27=井岡)が21日、親交のあるプロ野球阪神の西岡剛内野手(31)が左アキレス腱(けん)断裂の重傷を負ったことに大きなショックを受けた。

谷村奈南「パンツ落ちそう」Gカップ満載

 「何でこうなるんという感じ。現実を受け入れられない」と、自身の勝利とは対照的に顔をしかめた。

 「すごい調子が良くなって、阪神を引っ張ってたんで。ちょっと安心してたんですけど」と話し、見舞いについても「ツヨくん(西岡)の精神状態が分からないんで…」と、西岡の心境を憂慮した。

三便宝
五便宝
男宝

背番号ない女子主将、最後の夏に悔いなし 熊本・矢部

高校野球熊本大会の出場校に、背番号のない「女子主将」がいる。矢部(熊本県山都町)の3年生、本田菜々さん。規定で選手としてベンチに入れないが、3年間練習に打ち込んで最後の夏を迎えた。17日の初戦は、スタンドから声援を送った。

スタンドの最前列で後輩たちに声援を送る矢部の本田菜々さん=熊本市中央区の藤崎台県営野球場

 開幕を2日後に控えた7月8日、矢部の部員たちに背番号が手渡された。「頼んだぞ」。上田竜治監督(28)はそう言って一人ずつ背番号を渡していった。

 9人いる部員のうち見守るだけだったのが、唯一の3年生で主将の本田さん。背番号をもらう後輩を見る本田さんのほおを涙がつたう。それでも、笑顔で後輩に拍手を送った。上田監督は「今までよくがんばったな。精いっぱい応援するぞ」と声をかけた。

 規定で女子は出場できないため、本田さんを含めて9人しか部員のいない矢部は、熊本大会で他の部活動から助っ人を借りる。本田さんは過去2年、夏の大会はスタンドで応援した。「グラウンドまでちょっとしか離れてないのに、その距離がもどかしい」

 中学ではソフトボール部。地元に残りたいと進学した高校にソフト部はなく、野球部に入った。右投げ左打ちの二塁手。グラブは毎日磨く。守備用の手袋には「野球ができることに感謝」と記す。

 だが毎年、大会の背番号をもらう日には泣いた。試合に出られず、ベンチにも入れない現実を突きつけられる。「悔しいというよりは、うらやましい」。公式戦に出られないことは承知で入部したが、1年の頃から男子部員と一緒に練習してきた日々が、そんな気持ちにさせた。

 昨夏、先輩が引退すると最上級生は本田さんだけになり、主将に指名された。後輩に技術では劣るものの、「声出しや全力ダッシュを怠るな」と鼓舞してきた。エースの山下永遠(とわ)君(2年)は「いつも周りのことを考える存在」と尊敬する。17日の試合前、後輩たちはベンチの前ではなく、本田さんがいるスタンドの前で円陣を組んだ。

 最後の夏。記録員になる方法もあったが、親友のマネジャー小松里奈さん(3年)に託した。「私は選手としてがんばってきた。最後の夏はやっぱりユニホームを着たい」。この日、背番号のないユニホームで、スタンドの最前列から声援。試合には敗れたが、「自分の出せる限りの声で応援できたので、高校野球に悔いはない」。将来の夢は、女子プロ野球の選手になることだ。

魔根
壮天根
巨根カブセル

錦織『金』狙う!左脇腹OK「あと一週間あれば」得意のハードコートで可能性十分

男子テニスで世界ランキング6位の錦織圭(26)=日清食品=は12日、都内で契約する住宅設備大手のLIXIL(リクシル)のイベントに参加し、リオデジャネイロ五輪出場と金メダル獲得を目指す意向を示した。

“恩師”修造に錦織が大人の対応?

 当然であるかのように、錦織は言った。「リオ五輪では、金メダルを狙いたい」

 今月初旬のウィンブルドン選手権(ロンドン郊外)では、4回戦で左脇腹痛により途中棄権。「2年連続のリタイアに苦しさはあった」と言うが、同時に「芝での感触をつかめたし、自信になった」と、手応えも得た大会となった。

 この日は、小学生60人とのふれあいイベントに参加。ラケットを握り、実際にボールを打って見せるシーンもあった。「日に日に良くなっている。あと1週間あれば、テニスが再開できると思う」と回復は順調だ。

 25日に開幕するロジャーズ・カップ(トロント)に出場した後、リオで大舞台を戦い、14年には決勝にも進出した全米オープン(8月29日開幕、ニューヨーク)での戴冠を狙う。

 「スケジュールはタフと言わざるを得ない」とハードさは認めるが、「五輪とグランドスラムは違う大会。全米オープンに懸ける思いはあるけど、五輪でメダルを取れれば、自分も日本全体も盛り上がる。より日本人として戦える場がオリンピックだと思う」。日の丸を背負って戦う意味はよく分かっている。

 五輪の会場は、錦織が最も得意とするハードコートだけに「メダルの可能性は十分ある」ときっぱり。「体調管理をしっかり心がけて、全大会でベストを出したい」。地球の裏側で、日本のケイが世界の頂点をつかみにいく。

街頭覇王睾丸素
レビトラ(levitra)
美国遅時100

高島彩、第2子出産後1ヶ月で仕事復帰「3人目、4人目いってみたい」

フリーアナウンサーの高島彩(37)が8日、都内で行われた関西テレビ・フジテレビ系『ニッポンのぞき見太郎 夏の2時間スペシャル』(26日放送 後8:00)の収録で第2子女児出産後、1ヶ月で仕事復帰を果たした。同番組としては5月13日以来(6月7日放送分)、進行としてスタジオに帰ってきた高島は「そんなに休んだ感じもなくスピーディーに戻ってきた感じ。産休前と同じ気持ちです」と晴れ晴れとした表情を浮かべた。

産後1ヶ月でも体型変わらず…高島彩の全身ショット

 産休中は「ほぼ裸族で過ごしていたので、きちっとお化粧して仕事をすると身が引き締まります」と背筋を正した高島。第2子は「病院に着いて2時間、分娩台の上で30分で生まれた」と安産を報告し、「1人目は復帰まで8ヶ月くらいかかりましたが、今回は産んで3日後には仕事したいな~と思うくらい身体も楽でした」と笑顔を浮かべた。

 夫で人気デュオ・ゆずの北川悠仁(39)のパパぶりについては「上の子(長女)担当として、一緒に教育番組のコンサートに行ったり、おでかけしてくれて、2人目のお父さんになったんだな」としみじみ。第3子を期待する声には「男の子も育ててみたいですが、3姉妹も魅力的。体力やラッキーに恵まれたら3人目、4人目いってみたい」と意欲をみせていた。

 今年4月にスタートした同番組では、全国1万5000人規模の“のぞき見アンケート”を実施して日本人の生態を調査。スタジオゲストがアンケート結果予想に参加して毎週、食や生活、感情など様々なジャンルでニッポンを“のぞき見”する。今回は高島の熱望を受け、緊急企画として20代、30代の夫婦に聞いた『立ち合い出産』の実情を特集する。

 収録後の取材には、ともにMCを務める俳優・生瀬勝久とチュートリアルの徳井義実が参加。レギュラー放送は毎週火曜の午後9時から。

男用99神油(早漏改善)
徳国公牛
アフリカ超人
男露888

テレ朝、高島礼子主演ドラマ予定通り放送 降板無し、撮影順調、ストーリー変更無し

テレビ朝日が5日、定例の社長会見を開いた。元俳優の高知東生容疑者(51)が覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され、妻で女優の高島礼子(51)が主演するドラマ「女たちの特捜最前線」(21日スタート、木曜、後8時)への影響について亀山慶二常務が「予定通り放送するということです」と答えた。高島の降板も「そういう形は考えていません」と否定した。

高島礼子 父には事件のことは伝えていない

 撮影スケジュールについては「制作過程は従来から公開しておりませんが、順調に進んでいるということです」と語った。また、スポンサー各社との問題はクリアになっているか、との質問も出たが「そう聞いております」と問題はないとした。

 高島側からは、所属事務所から「ご心配をおかけしました」という説明があったという。テレビ朝日からは特別には「こちらからはございません」(亀山常務)と特に話をしていないとした。

 フジテレビ系の「ワイドナショー」では、ダウンタウンの松本人志が麻薬問題を取り扱う回があってもいいと提言するなど、「女たちの特捜最前線」の内容について注目する声が上がっている。ストーリー変更については「そういう話は聞いておりません」と語った。

 角南源五社長は、高知容疑者の逮捕を受けた取材応対を「立派な会見だったと思っております。真摯に受け答えをされている。そのひと言に尽きる。そうした中で仕事は仕事できちっとやられていると感じます」と評した。


媚薬販売
媚薬
催淫薬

<自動ブレーキ>ベビーカーに装着 中学生の発明が特許

今春の第74回全日本学生児童発明くふう展(発明協会主催、毎日新聞社など後援)で、第2位となる内閣総理大臣賞に選ばれた愛知県刈谷市立朝日中学3年、太田匠郎さん(14)の作品「ママも安心、自動ブレーキ付きベビーカー」の制御方法が特許を得た。ベビーカー事故の防止に役立ち、親たちも安心して使えるという理由だ。太田さんは商品化したい考え。【安間教雄】

 創作のきっかけは、ブレーキを掛けていなかったベビーカーが、駅のホームから転落するケースがあると聞いたこと。ベビーカーを動かさない時は、自動的にブレーキが掛かる仕組みにすれば良いと考えた。

 電子工作キットのタッチセンサーを使い、幼少時に自分が乗ったベビーカーへ、自動ブレーキ装置を施した。ハンドル部分にアルミテープのセンサーパッドを、子どもの背もたれ部分の裏側にタッチセンサーの基盤と乾電池を、後輪二つの各1カ所にブレーキ装置を設け、それぞれをコードで結んだ。

 スイッチを「ON」にし、センサーパッドを握ると電流が流れてブレーキがはずれ、ベビーカーを動かせる。センサーパッドから手を離して3秒たつと、自動的にブレーキが掛かる仕組みだ。昨年7月下旬から作り出すと共に特許も申請、夏休みの1カ月ほどで完成させた。

 太田さんは幼稚園時代から物作りを好み、小学5年から刈谷少年少女発明クラブに所属している。特許の取得に「総理大臣賞に続く喜びで、最高にうれしい。夢を見ているようだ。せっかく取れたので、商品化して社会に役立ちたい」と笑顔を見せた。

シアリス Cialis
五夜神生精片
街頭覇王睾丸素