パラシュート無しのスカイダイビングに初成功 米

米カリフォルニア(California)州シミバレー(Simi Valley)で30日、上空7600メートルからパラシュートやウイングスーツを身に着けずにスカイダイビングし、地上に設置されたネットへの着地に挑戦した米国人男性が、無事着地に成功した。

 パラシュートなどを着けないスカイダイビングに史上初めて成功したスカイダイバーとなったのはルーク・エイキンス(Luke Aikins)さん(42)。映画のスタントマンの経験があるエイキンスさんは、時速193キロで落下するこの命懸けの挑戦の準備に1年半を費やしてきた。

 2分間のダイビングの模様は、米FOXテレビの1時間特番で生放送された。

 スカイダイビングスクールも運営しているエイキンスさんは「今回の挑戦の背景にある科学と数学に注目してください。何が可能なのかお見せします」とコメントすると飛行機から飛び降りた。

 エイキンスさんの一見無謀な行動の裏には数多くの綿密な計算があった。これまで行ってきたスカイダイビングは1万8000回以上。そのうち、非常用パラシュートを使わなければならなかったのが30回。初めてタンデムスカイダイビングをしたのが12歳、初めてソロでのスカイダイビングをしたのはその4年後だった。

 妻と家族が待っていた地上に戻ったエイキンスさんは、自身のちょっとした歴史的偉業にぼうぜんとしているようだったが、「宙に浮いているような気分だ、信じられない。今起きたばかりのことだなんて。言いたいことがあるんだけど、言葉にならない。(挑戦を)実現・成功させてくれた全ての人々、全てのもののおかげだ……最高だ」と語った。

シアリス Cialis
五夜神生精片
街頭覇王睾丸素