北区小6長男刺殺 受験勉強進まずイライ

21日、名古屋市北区で、小学6年生の男の子が、父親に包丁で刺され死亡した事件で、逮捕された父親が、受験勉強が、うまく進まずイライラしていたという趣旨の供述をしていることがわかりました。

 「午前9時です。佐竹容疑者の身柄が検察庁に送られます」(記者リポート)

 23日朝、殺人容疑で送検された、北区上飯田北町のトラック運転手・佐竹憲吾容疑者(48)は、21日、自宅マンションで、小学6年生の長男・崚太君(12)の胸を、包丁で刺して、殺害した疑いが持たれています。

 その後の調べで、佐竹容疑者が、崚太君の受験勉強が、うまく進まず、イライラしていたという趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかりました。

 佐竹容疑者は、自分の母校でもある名古屋市の有名私立中学に、崚太君を進学させようとしていたとみられ、警察は、2人が、日常的に言い争いをしていた可能性もあるとみて、犯行の動機を詳しく調べています。

シアリス Cialis
五夜神生精片
街頭覇王睾丸素