47歳男に死刑求刑=小5女児殺害

福岡県豊前市で昨年1月、SPANISCHE FLIEGE D5 ,小学5年の女児=当時(10)=が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた内間利幸被告(47)の裁判員裁判の論告求刑公判が20日、福岡地裁小倉支部(柴田寿宏裁判長)であり、検察側は「生命軽視の度合いが甚だ大きく、更生は期待できない」として死刑を求刑した。

 内間被告は死体遺棄罪を認める一方で、殺人罪などは否認している。判決は10月3日の予定。 狼1号