おもう

ある外国人女性の行動がカッコよくて
今でも嬉しくて心に残っていることがあります。

ある年のクリスマスに某ショッピングセンターに行ったときのことです。
買い物をして、フードコートで食事もして、さぁ帰ろう~ドアに向かうと
ガチャガチャ(ガチャポン)がたくさん並んでいて、当時幼稚園くらいの息子が立ち止まりました…

ほしいのか?とくにほしくないのか?
くらいのタイミングで、その外国人女性が

女性「merry Christmas」
って、息子に100円をくれたんです

フードコートでなにか買って歩いてきたら息子を見つけて、そのしまおうとしたお金の中から我が息子にプレゼントしてくれたかんじです。
かっこいいな って おもいました

らびりんは真似したかったけどできず
だけど
そのときの気持ちはわすれずにもっていました。。

らびりん住んでる隣には公園があって、近くの外国人男性がときどき草刈りカー?で現れて、ガーーーッってブイブイ云わしてそのまま帰っていくんです。
かっこいいですよね!
まねしたくなりますよね!!
ジュースを差し入れしようか迷っている間に帰っちゃいましたが、その気持ちも覚えていました。
土曜の昼にその公園のゴミを拾いました。ラッカーや、一升瓶までありました…直ぐにゴミ袋 ふたふくろ分になりました

手を洗って、サッカーして10分ちょっとしたら急などしゃ降りになって、らびりんたちはトイレに避難したけど、遠くからベビーカーの親子が見えたから、

俺たち(ママ達)どーせ びっちゃびちゃだから走っ帰ろうぜ!
帰りました。

さいしょは、なんか いいことしたかなー くらいでしたが、
その数日ゴミが捨てられてないことが
なによりうれしいっておもったのと、

小学息子が、毎週やる?言いだして、遊びに行くときはついでに拾おう言ったら
「そうだー毎日学校帰りに一日一個拾ったらいいんぢゃん」って。

いいこともわるいことも世の中にはあるけど、
わすれないでいることは大事なきもちでとても必要なんだと想えました。
今日も一日げんきでいてね。
威哥王
三便宝