傷をなめあう関係

出初式とか卒業式とか、シアリスなにかしらイベントが続き、ようやく今日になって、いや、今になって、日記を書いてみようと筆ならぬキーを打つ。

いろんなことがありすぎて、それらを今更まとめて書くなんて現実的じゃない。
だから一言だけ、傷をなめあう関係こそ理想的だ。

傷ついたからなめてほしいといわれてなめると、人は去って行く。
お互いの傷跡をなめあうことができてはじめてお互いを必要だと思う。

人はその人にとって必要な人を探す。精力剤販売店
性別は関係ない。

傷をなめてもらうだけというのは風俗と同じだ。
しかし傷をなめあうとお互いにとって、傷をいやしてもらっている喜びと傷をいやすことができたという自信の両方を得られる。

傷をなめあうっていいことだ。九州神龍カプセル
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/dagvdvzxcb/25876