狩猟民族と農耕民族の違いか、、、

W杯ブラジル大会、残念ながら日本はグループリーグで敗退し決勝トーナメントには進出できませんでした。威哥王地球の真裏で行われているW杯ですが、真裏が功を奏したのか(元々サッカー人間ではない)私にしては珍しく、若干の早起きにて全ての試合をライブで応援しましたが、結果だけでなく途中のプレーも全て見ていて感じたのは、チームプレーは他国に勝っているけど、個人の技量、特にゴールに対する決定力が未だ未だ劣っているということ。。。

日本の3試合の中では、今朝のコロンビア戦が一番攻撃的で良かったと思いますが、ゴールに関する決定的なシチュエーションは何度かあったものの、結果的には1点だけしか取れなかった一方で、カウンターでボールを取ったあとのコロンビアの選手はレディーチャイナ、獲物を狙った時の肉食動物のように素早く確実にゴールを決めていました。

ギリシャ戦でも、選手の数的には絶対有利な中、ボールのキープ率も7割近かったのにゴールが決まりそうで決まらなかったのは、獲物に対する執着心、飢餓感の違いのような気がし、これって良く言われる「狩猟民族と農耕民族の違いなのかなぁ、、、」と感じてしまいました。

次は4年後のロシア。今回、アジア勢(韓国、イラン)が全て敗退したことで、次回はアジア枠が減らされるという話魔鬼天使性欲粉もあるので予選リーグを突破するのも容易ではないと思われますが、今回の闘いを教訓に奮起してもらいたいと期待しています!
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/dagvdvzxcb/28003