色気って何かね?

なんかさ、顔やスタイルが好みってのとは別に、とても色っぽい人っているよね
簡単に言えば「やりたい」って思う人

あれ、なんなんだろうね

自分では意識してないフィルターで無意識に選別してんだろうか

すごーく綺麗な人でもそそられない人もいるし、明らかにボール球なのにフルスイングしたくなる人もいる

不思議だわあ

フェロモン的な何かがあるのかしら
「このメスと子供を作れ」という脳みその指令が出るのかしら

その指令に素直に従えるほど天真爛漫ではないので、その感覚が正なのか誤なのか今のところ確認のしようもないのですが


村上春樹の小説にもそんな話が出てきますね
「顔を合わせた瞬間に、この女と寝たいと思った」
「とにかく、このまま彼女とすれ違ってしまってはいけない」

小説では《吸引力》という表現で書かれてますが、実際《吸引力》のすごい人に出会ってしまったらどうしましょうね

僕、ナンパなんてしたことないんですが…、声を掛けなきゃ一生後悔するんでしょうか

そんな出会いがもしどっかに転がっているのなら、怖いようなワクワクするような、この世も満更捨てたもんじゃないなって思えるような、少し前向きな気持ちになりますね

惹かれあったその先にはきっと何も残らないんでしょうけどね