愛より深い傷になるほど重く

世の中に一番つらいことはあまり違って堅持して堅持する改めないで、簡単に放棄するべきでないことを放棄して・・・・・・彼は私の最も「ない」の殘念な思い。

イヤホンで流の淡い憂いと悲しみを書き出して、彼の笑顔いつも追憶の中でよく見える。私を静寂に待った気持ちを思い出して、あなたは、私の心を感じずにはいられなかった。一人が好きで静かに居る、また恐らくこんな静か。

私はずっと冷ややかでて偽装のあの感情を心の中に、あの最も誠実な感じは「愛」だろう!

「メンツ」はて開かないの“磨き”は、いつも自分が期待勇敢愛、二度とそれを無駄に「闲言雑語」で夜通し眠れない。

失ったのは永遠にすべて帰って来ないで、あれらは私のものを殘したいと考えてと雪、手に握ってほどきつくて、化ほど速くて、私は自分に教えて忘れても1種の幸福が・・・・・・総好きな靑空を仰いで、一人で静かに見ていてすべての花の雲は探してる何か、ただ寂しいから。

多くのものは常に経験した後でやっと知っている、と失う翔るゆっくり認識自分、相手を理解して、実は頑固さと誠実が違うのは、切っても切れないものは何もないけど、その傷は時間がかかる癒合、失った同時に自分も収穫。

一部のものは鑑賞すればいい、

きっとそれを持ってない、

殘念な思いがあったから美。

人を愛する時8分、愛にちょうどいい。

愛に8分、想いの辛酸は8分、独占のエゴは8分・・・・・・

殘りの二分は用いてよく自分を愛して・・・・・・

分かります:払える、放すことは一種の理性。
妊娠中絶薬:http://www.xn--fiqs66igff.net/
五夜神:http://www.xn--dlqq0x36z.com/

男の本能

男はとかくよく見栄を張る。
自分を偉く見せようとするのは野生の本能とも言えるけれど。
大抵の場合、歳を取れば取るほどその本能は強くなる。
それはオスとしての力の衰えを無意識に感じているということかもしれない。

オヤジの言う「そんなものオレに言わせりゃ◯◯ヨ」なんて実のところただの見栄でしかない場合が多い。
実際言うほど大したことなどできやしないのだ。
それを周囲に見透かされてることをわかってないのがなんとも痛々しい

問題は何をどう立派に見せようとするか、だ。

いや、本当に立派な人は自分を立派に見せようとすることなんてしないんだよね

だから見栄を張るのは結局自分が見劣りする人間であるというコンプレックスの裏返しなんじゃないかと思う。
だから高そうな腕時計を見せびらかしたり、派手な高級車に乗りたがったりするわけだ。

しかし、結局そうやって見栄を張って強がる男より、自分のコンプレックスを受け入れて、それを克服しようとストイックに頑張ってる男の方が実はカッコ良かったりするんだけど。

結局、モテない男はモテようとして見栄を張って結局モテないまま終わり、モテる男は見栄を張らなくてもモテるという現実を思い知ることになったりするんだよなぁ