背中を押せる余裕は捨てないhttp://xn--19zl5rhf.akanpo.net/" targ

暑いわ
暑すぎる
流石にクールビズだと就活生に間違われて面接会場へご案内される機会も減った。

しかし、こう面接の後って凄く疲れるんだよなー

はぁって感じの顔をする人が多い。

そこでアポイントメントの時間まで余裕あって少し待ってる俺に出会うと

「しまった?」

って顔をされるんよね。

いやいや、御社の人間では、ございません

まあ、何は、ともあれ入ってみないと分からないもんだよ。

会社ってのわ

だから、面接が駄目でも、落ち込むなよとは思うのさ

入って思うけど、どういう人を採りたいとか

男女比とかタイプとかも決めてる場合もあるから

正直、受ける前から見込ゼロもある。

だから、受け答えが駄目でも落ち込むことはない。

今日、あまりに落ち込んでる子が居たから、缶コーヒーを買ってプレゼントしたんやけど

まあ、ちゃんと意図を付けてジョージアをね

俺はお酒は飲めないから仕事の嫌なことをお酒で忘れることはできないし、同期で売り上げは、ずっと一位だけど社内で求められてる水準は高すぎて怖い。

そんな時でも、常に次の営業に向かわなきゃならない。

それを繰り返すんだ。

「世の中は、誰かの仕事で、できている」

それは間違いなくて、バイトでも派遣でも正社員でも、必要な仕事で、それを頑張ってる人が必要であることは間違いない。

まあ、少し話して、ちゃんと緊張してなきゃ受け答えができることを確認して

営業に行ってきた。

もともと広報と人事って総務の中にあったので少し雑談がてら、その子の話をしてきた。

まあ、緊張してたにしても、ちゃんと思いがあって、努力できる子を採れないのは取引先が損だと思ったからね。

俺は面接は得意だが営業と違って独特な緊張感がある。

あれは慣れもあるけど、無理な子には無理なのだ。

まあ、どうなるか分からないけど、一次なので、二次には進めるとは思う。

そこから先は、その子次第である。

「君は変わった子だよね」

それは昔から言われる。

「まあ、僕は新入社員なんで親近感があるというか」
本当は、常に、その余裕だけは残しているんだ。
それを失うと相手の気持ちとか分からない人になるだろう。

それだけは嫌なのである。
威哥王
巨人倍増