よみがえる「調子に乗るな」

昔、私が幼い頃、やはりおもらしの常習者だった。保育園や幼稚園でやったことはないが、自宅ではしょっちゅうだった。小学校入学前後まで続いていたと思われる。
夜明け前。決してトイレの夢を見ていたわけではないものの、前夜に念入りにおねしょをしないようにトイレで尿を振り絞って眠ったにもかかわらずお尻の部分が温かいことを知り、愕然としたことが何度もあった。夜明けまでになんとかならないだろうか?自分はそこから夢の世界に逃避した。夢の中では、自分は夜のうちに押入れの中のほかのシーツをひっぱり出し、ドライヤーで乾かして、知らんふりで寝息を立てていた。そう願っていた。願いえば願うほど、それが真実であるように思えること、ないものもあると信じられることを、幼い日々に知った。
「もう朝よ。あんた、布団ほすから、シーツ出しなさい」とそんな朝に限っていわれる。自分は目覚めてもうすでにおねしょしたシーツも布団も存在しないために、いやな夜だった…と振り返って身体を起こす。するとやはりお尻も濡れたままだ。絶望感が全身を貫いた。寒気のような感覚。これは決しておねしょで濡れたお尻や股間、布団が冷えてもたらされたものではないことを知っていた。この後に起こる拷問のような時間だ。

自分がもじもじしながら母親にシーツなどを持ち出せないと告げると「また、まさかお前やったんじゃないの?!」というので、うなずく。その夜に待っているのは、酒を浴びるように飲んだ父親が私をたたせたまま「おめえ、調子のってんじゃねえぞ。今回で何度目かわかってんのか?そんなションベン調整できねえような子供に産んだ覚えはねえぞ。てか、こんなだらしねえ子供に育てたのはだれなのかな?」と母親にねちっこく子供の失態を母親にぶつけて、日頃のウサを晴らすのも父親のやり方であることを私は知っていた。おねしょするたび、その罪深さは、母親を通じ父親に報告され、父親が酒と職場での怒りを私に転嫁し、加えて母親も巻き込んでいく…そんな流れが私は苦しくてたまらなかった。私のおねしょを通じ、母親も、時には私の面倒をみる祖父母さえも責められる。私のおねしょが、社会の全ての問題の諸悪のように扱われることが悲しかった。「おめえ、また調子に乗ってションベンもらしたら、ちんちん縫い合わせるぞ!」といってひっぱたく。
淫インモラル
狼1号
RU486

ユーミンも困惑…「ライブ中に立つな」って暴論?

コンサートに行くときに一番困るのが座席の問題。
一体いつから日本のコンサートは最初からスタンディングするようになったんだろう?
やはり韓流ブームぐらいから?

何か最近はコンサートが始まるとスタンディングが当たり前みたいな風潮になってて、足が不自由でスタンディングが出来ない私みたいな人間は本当に困ります。

「お金払っているんだから立とうと座ろうと勝手だろう」と言う人がいるけれど、見た目、二本足が付いているけれど、歩くことも一応出来るけど、走れない、長時間立っていられない私には「立つ」という選択肢はないのです。いや「座ってみる」しかないのです。

何だか座っている事が"悪"とか"ノリが悪い"みたいな空気で見られたりして…
同じお金出しているのに前の人に座ってと言おうものならどんな暴言を吐かれるかわからないし(実際、座ってもらえるようにお願いしたら暴言を言われた事があります)、だからここ数年、ライブに行くときにはまずチケットを購入してから興行の会社に連絡して車椅子(障害者)エリアの場所でライブを楽しむ事にしています。とても大変な作業でもあります。行く前にいろんな不安を抱えて交渉しなければなりません。入場においても並んで長時間待っている事が難しいから、グッズも買えないし色々大変です。

でも悪いばかりでもないです。親切な人達のおかげで普通の席でも座って楽しむ事も出来ますがそう言うことは本当にまれなのかもしれません。

どうしても前の人が立つと座ってみたい人も見えなくなるから必然的に立たないといけなくなる。
それってコンサートに来た意味ある?なんでコンサートに来たのに前の人の為にステージが遮られ前の人の背中をみながらコンサートを楽しまないといけないのか?

そんなに立っていたいなら、マジで前列の何列目まではスタンディング禁止エリアにして、その代わりに絶対その席では立たないで見るということを義務付けてくれたら私みたいな制限がある人間も気兼ねなく楽しめるのにと思います。

立たない前提だったら別に前の席じゃなくても良いんです。豆粒でもね。
同じお金を出しているのならなるべく多くの観客が満足できないとそれって残念な気がするんです。

でも決して座って見ているからと言ってつまらない訳ではないということを理解して欲しいし、模しコンサートで自分の後ろの席の人が据わっているようだったらちょっと考えてみて欲しいなと思うんです。立つ事だけがコンサートを楽しむ事ではないということを…
巨人倍増
三体牛鞭
狼一号

兄弟構成も血液型も関係ないし……

長男タイプは積極的に攻めない!? プロフィール別の「恋愛アプローチ法」

……うーん,私は訳あって,末っ子でありながら,長男の役目も一人っ子の役目も,やらざるを得なかったんだけど,どうなのかなぁ……

彼女に言わせると,「あなたは長男の印象は無い」と言うけど,彼女は長女なので,そう感じるだけだったみたいだし……そもそも,男兄弟の居ない家庭で育った人だから,そこまで分かっていない。
とって
ただ,お互いに性格は見えているので,家族構成に関係なく,普通に一緒に居るだけ。

……もちろん,血液型も関係しない。
それも,二人とも十分に承知している……って,二人とも,ライサイエンス分野は専門なので,百も承知。

私は血液型性格診断を信じる人にとって,いちばん不利なことが多いAB型だから,余計にアホ臭い。

……と思ったら,文章の最後に……

>今回紹介したものが、一概にそうとは言い切れないのでご用心。

……って,思い切り,これまでの論旨を否定しているじゃないの。

自己矛盾を自覚していないライターだなぁ……
五夜神
蟻力神

お帰り

「お帰り」
LAに帰ってきたら、当たり前のことだが、この言葉で迎えられた。

先ず空港バスから降りた私を迎えてくれた息子が「お帰り。楽しかった?家は大丈夫だったよ」
と、二つのスーツケースを軽々持ち上げてトランクへ。
家に着くと入り口にカラフルな文字で「welcome home mom」のポスター。
そしてドアを開けるとそこに立っていた長女が「お帰り、お母さん!」と、日本語で言いながらギューっとハグ。
勃動力三體牛鞭
日本でお世話になった人たちに無事到着の電話した後、夕方昼寝をしていると学校から帰った次女が「マミー、お帰り~!」と言いながら部屋に走ってきてベッドの上の私に飛び込みハグ。(ギャー重かった)
夜、お世話になった友人にメールをしようとしてPCあけたら、そこには気の早いLAの友人たちから「お帰りメール」がすでに入っている。

初出勤で3週間ぶりに顔合わせた同僚も「welcome back」と、迎えてくれた。
仲の良い友人に電話すると「もしもし」の声だけで「あ、お帰り~!」
マイミクさんのコメントにも「お帰り」の文字。
五便宝
「お帰り」
なんと嬉しい言葉だろう。
住んでいるLAだけでなく、日本の兄たちやその家族、友人たちもいつもこの言葉で迎えてくれる。

そういえば日本で流行の「メイド喫茶」は「お帰りなさいませ、ご主人様」とか「お嬢様」と言って出迎えるらしい。秋葉原ではそういう喫茶店にも入ってみたかったが、硬派の友人は「高いコーヒー代出して行くほどの価値は無い。それより美味しいコーヒーを飲もう」というので、「お嬢様」と呼ばれるせっかくの機会を逸してしまった。

「お帰り」
この言葉で思い出した、竹内マリアの「うちに帰ろう」私のうちはどこ?
マイ スウィート ホームは暖かく迎えてくれる人の心の中にあるのかもしれない