無意味な移民規制

いわゆる保守派さんは、何も考えないで感情的に 「移民反対!」 を主張されます。

 しかし、少子化がもう致命的になってしまっている日本では、移民を受け入れないことには、30年後の衰退が明確なのです。
 いますぐベビーブームが起きても遅いくらいなのです。

 人口が減ると、経済が縮小します。
 「イノベーションで経済成長!」なんていってる、脳みそお花畑なひともいますけど、
 そんな幻想は、核リサイクルと同じレベルであてになりません。

 人口を維持するだけでも、移民が必要です。

 そりゃ、文化的な摩擦はおきるでしょう。
 世界の紛争は、文化の衝突でもあるのですから、それは仕方がありません。

 でも、それを受け入れないと、日本に未来はありません。
 本当に滅びるのです。
 抽象的なことではなく、人口が減ると経済が縮小し、税収が減ることで国家財政は破綻してしまいます。
 社会インフラは維持できなくなり、水道さえ出なくなるでしょう。

 移民をかたくなに拒むと、確実におきることです。

 移民反対のひとは、移民以外での将来的な人口維持の可能な施策を提示してもらいたいです。
 少子化対策は、もはや絶望的なので、いわないでね。
勃動力三體牛鞭
夜夜堅

J展望

今季から11年ぶりに2シーズン制で行われるJ1リーグ。各チームの陣容がほぼ固まり、長いシーズンに向けたトレーニングが始まった。気が早い感じもするが、今季の展望をしてみたい。
蔵八宝
昨季最終節まで優勝争いを演じたG大阪と浦和。オフの動きは対照的だった。G大阪の主な新戦力は赤嶺(仙台)と小椋(横浜)のみ。3冠を達成した昨季のチームをベースに、バックアッパーをピンポイントで補強した。一方で、佐藤が徳島に移籍し、明神の移籍も噂される。戦力に大きな上積みはなく、チームの熟成が求められる。昨季終盤の強さを考えれば不安要素は少ない。ただし、主力に怪我人が出るようなら、ACLとの2冠に暗雲が漂う。日本代表との過密日程の中、ベテラン遠藤のパフォーマンスが優勝の鍵を握る。

浦和は、レンタルからの復帰を含めて11人が新たに加わった。各ポジションとも満遍なく、移籍組だけで1チーム作れてしまう。気になるのは、ボランチとセンターバックだ。ズラタンや石原ら経験豊富な前線の選手に比べて、未知数の選手が多い。特にCBは、坪井と濱田が抜けた穴を埋めきれていない。非常事態には阿部を回す方法もあるが、やはり彼には中盤での活躍を望む。サプライズで新外国人の獲得に期待したいが、指揮官にはその意志がなさそう。若手の台頭が待たれる。
D10媚薬
鹿島は、相変わらず堅実な補強を見せた。近年、高卒の有望株を根こそぎ獲得し、しっかりと育成している。その成果が、昨季の成績に現れた。ダビが長期離脱とあって、その穴にジネイと高崎を獲得。引退した中田浩二の代わりには、広島の韓国代表ファン・ソッコを迎えた。まさに適材適所。若手も経験を積み、チームとして上昇気流に乗りそう。ことしJを制するようなら、かつての黄金時代再来も夢ではない。

J1昇格組では、湘南の戦力が充実している。J2を独走した昨季の戦力を維持しつつ、ブラジル選手や韓国人選手で外国人枠をしっかり埋め、山田(浦和)高山(柏)藤田(横浜)らJ1で実績のある選手の獲得に成功した。1年でJ2に逆戻りした一昨季を教訓に、上位進出への準備は整った。

他人のことは分かるかもしれないが

齢90を超えても、学習能力に欠ける人物としか言いようがない。

それは、彼が属していた日本社会党を見れば明白だろう。

すなわち、片山潜内閣成立当時主張していた(だが、幸いにも実現されないことのほうが多かったが)非武装中立論。
四半世紀言い続けているうちに、党そのものの存在が殆ど消える寸前まで至り、ついには党名のほうが先に消えてしまった現状をどう見ているのだろうか。
少なくとも、日本社会党末期の党首としての自覚に欠けているとしか言いようがない。

無論、この国も同じように弱体化し、某隣国の属国となることを切に希望しつつ、自分の眼で見たいという邪なことを考えているならば、話は別だが。

20年という時は、国際情勢、国内情勢、人心を大きく変える。

例えば、ドイツが敗戦した第一次世界大戦から、第二次世界大戦までのいわゆる戦間期は約20年だ。
世界で最も民主的で先進的とされたワイマール憲法から第三帝国が勃興するまでに期間よりも長い。

国内でも、史上二人目の首相を出し、その二人目を務めた村山氏が存命中に、その党が殆ど消えかかるほどに衰亡するほどの期間だ。

東西ドイツは統一し、共産主義の旗手ソビエトは崩壊した。

つまり、談話の背景となる状況も、同じであるはずはない。

時代時代により、場合によっては全く異なる表現となることは当然だ。

同じでなければ評価できない、怪しからんというのは、耄碌老人の妄言としか言いようがない。
三體牛鞭
美人豹
催情丹
  • 日記 |
  • 2016-05-04 15:00:37