J展望

今季から11年ぶりに2シーズン制で行われるJ1リーグ。各チームの陣容がほぼ固まり、長いシーズンに向けたトレーニングが始まった。気が早い感じもするが、今季の展望をしてみたい。
蔵八宝
昨季最終節まで優勝争いを演じたG大阪と浦和。オフの動きは対照的だった。G大阪の主な新戦力は赤嶺(仙台)と小椋(横浜)のみ。3冠を達成した昨季のチームをベースに、バックアッパーをピンポイントで補強した。一方で、佐藤が徳島に移籍し、明神の移籍も噂される。戦力に大きな上積みはなく、チームの熟成が求められる。昨季終盤の強さを考えれば不安要素は少ない。ただし、主力に怪我人が出るようなら、ACLとの2冠に暗雲が漂う。日本代表との過密日程の中、ベテラン遠藤のパフォーマンスが優勝の鍵を握る。

浦和は、レンタルからの復帰を含めて11人が新たに加わった。各ポジションとも満遍なく、移籍組だけで1チーム作れてしまう。気になるのは、ボランチとセンターバックだ。ズラタンや石原ら経験豊富な前線の選手に比べて、未知数の選手が多い。特にCBは、坪井と濱田が抜けた穴を埋めきれていない。非常事態には阿部を回す方法もあるが、やはり彼には中盤での活躍を望む。サプライズで新外国人の獲得に期待したいが、指揮官にはその意志がなさそう。若手の台頭が待たれる。
D10媚薬
鹿島は、相変わらず堅実な補強を見せた。近年、高卒の有望株を根こそぎ獲得し、しっかりと育成している。その成果が、昨季の成績に現れた。ダビが長期離脱とあって、その穴にジネイと高崎を獲得。引退した中田浩二の代わりには、広島の韓国代表ファン・ソッコを迎えた。まさに適材適所。若手も経験を積み、チームとして上昇気流に乗りそう。ことしJを制するようなら、かつての黄金時代再来も夢ではない。

J1昇格組では、湘南の戦力が充実している。J2を独走した昨季の戦力を維持しつつ、ブラジル選手や韓国人選手で外国人枠をしっかり埋め、山田(浦和)高山(柏)藤田(横浜)らJ1で実績のある選手の獲得に成功した。1年でJ2に逆戻りした一昨季を教訓に、上位進出への準備は整った。