《子宮体部がん》

※主な検査★細胞診


【知 識】子宮体部がんは、子宮の内側にある子宮内膜に出来るがんです

子宮内膜がんとも呼ばれ40代から増え始め、50代以降の閉経後に多く発症します。


進行すると、リンパ節や腹腔にがんが転移するおそれがあります。


【原 因】女性ホルモンの一種のエストロゲンが関係していると言われています。


エストロゲンの濃度が高いと、子宮体部の細胞が増殖し、さらに遺伝子が変異してがんが進行します。


妊娠・出産の経験がなかったり、閉経の時期が遅かったり、ホルモン薬を服用したりしている人はそれだけ長期間にわたってエストロゲンの影響を受ける事になり、発症のリスクが高くなります。

また、肥満の人、乳ガン大腸がんを発症している人などは、子宮体部がんの危険率が高い事がわかっています。


【症 状】初期の段階から、不正性器出血が見られる事が特徴です。


この他おりものの増加、排尿困難、性交時痛、骨盤周辺の痛みなどの症状が出る事があります。


しかし、不正性器出血が閉経後に起こると、月経周期の乱れと区別がつきにくいため、発見が遅れるおそれがあります。


【予防・改善】■運動を習慣にする…肥満を防ぐ為にも、運動の習慣を付けましょう。


■自分の体調をチェックする……不正性器出血や月経異常などに注意し、異常を感じたらすぐに受診することが大切です。
三體牛鞭
D10催情剤
韓国痩身一号