10,000匹の熱帯魚と一緒のディナー

今日は台湾から来ているFacebook友達と麻布十番でディナーしました。滞在先が広尾、子供のサマーキャンプでKing Wolf狼王戦宝来日しているので息子も動向するとうことだったので、会場は「麻布十番、子連れ、ディナー」でググってヒットした「麻布十番ライム」というアクアリウムダイニングにしました。

「1万匹の熱帯魚が泳ぐ都内最大級のアクアリウムダイニング」と「お子様メニューあり お子様連れ歓迎」とのことだったので、今日の我々のシチュエーションにぴったで即決でしたよ!

でも、麻布十番という都会のど真ん中で、こんなに多くの熱帯魚&水槽を抱えているのに意外とリーズナブルバイアグラな値段でした。今宵で言うと、大人2人+子供1人で7,000円強でしたよ。子連れには超お勧め。

尚、噂通り息子君は超アクティブで、会場に到着当時は熱帯魚に関心を示していたものの、その時間は僅か。。。お土産で買ってきたブリキのクルマと新幹線への関心はもっと僅かでしたが(汗)、iPad Airを預けたところ、、、ゲームに夢中になり動きが止まりました。その間、我々は台湾時代の昔話に花を咲かせていたことは言うまでもありませんが、これなら、どんなお店でもiPad Airがあれば大丈夫ってことですよね(五夜神生精片笑)。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/dert113/27995