涙。そして、思い出

キャンディーズのスーちゃんの告別式。最後の肉声の遺言には涙が止まらない。「ご主人の女優として終らせたい」と言う優しさ。「好子さん、いきますよ」で始まり、振り絞るような声で「カット」で終わった。
ファンは、どな見送り方をするのかと思ったら、青い紙テープで「スーちゃん」の掛け声。デビュー曲でスーちゃんがセンターだった「あなたに夢中」で送った。後楽園でのファイルコンサートの時のようだった。私も現場に居たら、そうしたかもしれない。
ファンの多くが私と同じ50歳前後。キャンディーズ世代。女性もいたな。
私の同級生の女の子も何人かファンだった。
「全キャン連(全国キャンディーズ連盟)」って、今でもあるんだ。日本初の全国組織のファンクラブ。懐かしい。
ここ数日、30年以上前の事を思い出す。テレビで曲名が出たら全部歌えた。
当時、私の生徒手帳のカバーにはスーちゃんの写真を挟んでた。クラス中の男子は殆どやってたな。ランちゃんやミキちゃんのを。
ベッドの真上にはスーちゃんのポスターを貼ってて、毎晩、これを見て寝てた。
キャンディーが唯一、1位をとったのはラストシングルの「微笑み返し」は「ファンが1位にした」と言われてる。私もシングルを2枚買った一人。当時はハガキのリクエストもカウントされるからハガキも書いた。「何とか1位にしたい」と言う気持ちが強かったな。
「キャンディーズはAKB以上」って言った人がいたけど、私も同感。
思い出せば、切りがない。何しろ、キャンディーズのお陰で良い青春を送らせて貰った。あの時のようにキャンディーズを思いっきり歌いたい心境である。私には永遠のアイドルである。

小町ちゃんの行動時間。

最近、話題にあがってない小町ちゃんですが、なぜかと言うと…
私と行動時間が重ならないから!です(笑)
本当は可愛い姿いっぱい写メ撮って自慢したいんですけど!我が家のハムの中では、お母さんが絶賛するくらいに、一番の美人さんなのに!
ご飯とかおやつ以外だと、夜中に起きて来て朝の7時くらいに寝てます。昼間や夕方はほとんど寝てる…。
もっと触れ合いたいのに…!お家をのぞき込んで見ると、気持ち良さそうな寝顔が見えるので、起こすのも可哀想だし。
てな感じで、なかなか遊べてないです。
それでも、気が向くと出してダンスで散歩の催促をします。
私のこと避けてるのか、マイペースに我が道を行ってるのか…気になる所です

信憑性の無い記事

人物設定やらストーリー性から感じるものは全部が漠然としてるって事。
中学生程度(しかも大して頭の良くない)が、同レベルの友人に話す時などに面白おかしく話す物語りがこんな感じだよね。

元ネタが例え事実として、人伝て回しに尾鰭が付いた話もこんな感じ。

ニュース記事ってのは、それを体験した人間を辿って事実確認するとか、周辺人物にも出来る限り接触して懐疑的要素を払拭しなけりゃ幼稚極まり無いガセ記事としか見えない。

そんな記事に甲南大学准教授を使うなど名前を下げるとは思わなかったのかしら?

と、まぁして置く。

限り無く信憑性は薄いが、事実の片鱗有るならば...
ボクならこう言ってあげよう。
「お前らどの道数年で、ボケて徘徊して駅のホーム踏み外して悲惨な死に方しまっせexclamation ×2」
と...d(^_^o)

ともあれ、世の中の世知辛さなんて他人同士が認め合い思いやりを持たなければ酷くなるばかりですよ。