「あれ、タバコ吸ってる人だよ!!」

今おかれている環境で、タバコをとりだそうものなら、またただ喫煙所に目をむけようものなら、人でなしで、解雇対象とも目されかねない状況。たばこを吸わないことがまず第一の条件である…という世界も私の居場所には存在する。

アフリカに1年間滞在した8年ほど前。タバコは屋体に一本単位で五円程度で現地産のものが販売されていた。私は異国でのストレスに数年ぶりに吸いはじめてしまったが、ただでさえ現金収入が乏しい世界で健康に悪いタバコを吸うということは、金があることを自ら誇らしげに披露しているようなものだった。
ようは医者に行くお金もないし、医療もほとんどない世界で、現地の人々にとって自らを守る手段のひとつが、タバコを吸わないことだった。学校の木の下でゆっくりタバコをふかす恰幅のいい人物がいたら、それは学校長の証だった。

よって私は自宅に戻り、誰にも見られないように吸っていた。しかし買ったことを目撃されていたのか?近所の素足の子供たちに「タバコは悪い!」と口々にいわれた。車で30分ほどいった別な村でも、「タバコすってる白人はお前か?体に悪いぞ!」といわれた。噂が早いのか、足が速いのか、鼻が利くのか?タバコには常に、今も後ろめたさ、罪深さがある。もう何年も吸っていないが、罪深さを実感できるよう、一本千円くらいにしてほしい。後悔しながらも大切にフィルターまで焼けるほど最後まで尊く吸うことになるだろう。
同仁堂牛黄清心丸
999皮炎平
韓国痩身一号

「忙しい人」=「時間のやりくりが下手な人」

"忙しい恋人"が会いたくなる人って?

……2人ともフルタイム勤務だったので,基本,会う時間は,やりくりしないと作れなかった。
そう言う意味では,学生時代は楽だったなー。
嫌でも毎日,顔を合わせていたわけだの朝には,一緒に授業や実習に出ている。
険悪な気持ちを引きずらないことも大事だった。

就職してからは,意識して「会う時間」を作らないといけない。
それが面倒なら,同棲なり,結婚なり,考えればいい。
就職してから,恋愛の「質」も変わった。

付き合い始めの頃って,会うだけで嬉しくて,会うのが目的,みたいな部分が大きいでしょ。
そこそこに付き合いが長くなって,まして,就職して,会う時間が減ったりすると,安息のために会う,と言う感じになってしまう。
2人で居る時間ぐらいは,あまり刺激的なことやネガティブなことが無くて,快適に過ごせるようにしたい,と……

せっかく会ったのに,険悪になって,翌日まで引きずるなんて,最悪。
その日のうちに解決して,翌朝は気持ち良く出勤できるようにしたい。
同棲しても結婚しても,このルールは大切だと思う。

日常的に,そんなに大きなイベントも要らないし,あまり大きな山や谷を作りたくないし,ありきたりでいいから,2人で過ごす時間が,お互いにとって,快適で安心出来る時間であるように,お互いに心掛ける。

それでいいんじゃないのかな。
……いや,それが出来ない関係だったら,私の性格的には,とっくに別れていると思う。
忙しくなるほど,ある程度以上は,合理的に対応しないと,行き詰る。

2人で働いているなら,絶対に,一方的に負担を掛けるのはNGなんだよね。
必ず不満が出るよ。特に,彼に尽くしたい彼女は,,要注意だと思う。あるとき,耐えきれなくなって,突然,破綻したりする。そうさせないのが,彼氏としての心遣いであり,優しさでもある。尽くしてくれる彼女に,一方的に甘え過ぎていないか,時々は確かめないとね。
女性媚薬
徳国黒金
蟻力神

盲導犬

先週、新しくVさんと犬が入社してきた。(と、聞いた)
犬が入社?そう、Vさんは視覚障害者で、連れのMちゃんは盲導犬。彼女の名前の頭文字、Vではなく、Bだった。今日貰った写真名簿で分かった。20年以上アメリカに居て、自己紹介のとき、Vのように聞こえた(涙)】
黒倍王
仕事そのものは視覚障害があっても可能。私がこの仕事を選んだのは、私も今は普通に生活しているが、目の病気を持ってて将来に多少不安もあるので、弱視が悪化した時の自立の道を考えてのことでもある。
しかし会社勤めだから、通勤、社内での移動、仕事そのもの以外の雑用、いろいろついて回るから、やはり障害者にはハンディがある。それを補っているのがMチャン。

Vさんは初出社の前に、Mちゃんの名で「私の仕事はご主人様のヘルプですので、少しの物音にも集中しなくてはいけません。ですから、素っ気無いと思われるでしょうが、私に声を掛けないで下さいね」と書いた、Mちゃんのサイン(足型)入りの可愛らしいメモを社員全員のポストに入れてあった。

アメリカ人はペット好きが多く、同僚達の中にもペットの写真を持ち歩いたり、かばんに写真入ホルダーをつけている人も少なくない。そんな彼らが、可愛らしいMチャンを見て声をかけられないのは寂しそうだが、Vさんのことを考えて、誰もMちゃんに声を掛けない。
催情剤
そして、会社側もVさんが仕事しやすいように(一番にはお客さんに他のスタッフとの仕事の流れの差を感じさせないように)必要なことはヘルプしている。
職場ではスタッフ同士の相互理解と相互協力は当然だから、その範囲がVさんには少し広がっただけ。

100人近くいる社員だが、シフトが違ったり、又同じシフトでも皆が同時に、そして各自が顧客サービスするため、スタッフ同士が顔を合わせるのは出勤時と廊下くらいなので話す時間がなかなか無いのだが、今日、たまたま客のいない時間がVさんと合い、初めて自己紹介し合い、話す機会が持てた。

Vさんとのおしゃべりも楽しかったが、その間、Vさんの足元で静かに自分の出番を待っているMちゃんと時々目が合い、そのしぐさが可愛らしくて声をかけたい衝動に駆られるのだが、我慢我慢。
上品に綺麗なお化粧をしていたVさん、今度時間があったら化粧方法を教えてもらおう。
機会があったら、Mちゃんも撫でたい。