仏はエリゼ宮を調査して世論調査案のサルコジの6人の腹心を予約購入して拘留させられます

フランス司法部門の消息は語って、フランスの前大統領のサルコジが在位する時の6人の協力者は3日エリゼ宮が世論調査リポート案を予約購入して拘留させられるためです。

  報道によると、この案は最初に監査院が財政の規則違反の現象を調べ出すのため司法が調査するのを招きます。この案の打撃を与える経済犯罪大隊(BRDE)を調査してその時の大統領事務所の主任の米の農業、総統府の事務総長を尋問してかぶせて穆斯カード、大統領のその時の顧問の徳・弗羅芒、顧達のなんじと沃爾普雷をもたげるのをとおよび担当します。

  語りを報道して、調査してサルコジの5年の大統領の任期の内でエリゼ宮と9社の世論調査機関あるいは、コンサルティング会社の間の締結する契約の存在する可能性があったのが法規の問題に合わないにの関連します。これらの機関あるいは会社の中で、パトリック・布のイラクの緩い指導(者)Publifact会社と賈科梅蒂指導する賈科梅蒂―佩竜会社があって、これは1人当たりサルコジの大統領の時を担当する顧問です。6名は留置者の中でに、布のイラクほど緩くありません。

  監査院は2009年に1部のリポートを公表して、エリゼ宮と布のイラク松事務所の2007年締結する一つの価値の150万ユーロ近くの合意が公共の契約法に基づかないで事を進めるのを批判して、守っていないで規則を競争して、ここから関係するエリゼ宮の世論調査のリポートを予約購入する論争を誘発しました。

  監査院は指摘して、この合意はきわめて簡略なだけではなくて、1枚だけ紙、その上公共の出費から規則の角度を実行して費用が珍しく高いのを見ます。この合意は米の農業が締結したのです。監査院はその時指摘して、この合意はPublifact会社に“評定する”を出費額の“十分で自由だ”を与えます。3日が遅くて、事件にかかわりがある6人は釈放されて、司法官は彼らに対して起訴するのを宣言していません。

  語りを報道して、2010年2月、フランスの腐敗一掃が力を合わせて訴状を手渡したのについてができて、これが“署名の金額未記入小切手”を始めたのを非難します。長い手続きの大戦を経て、腐敗一掃はついにに力を合わせて2012年末に願いどおりになって、図奈爾司法官調査を始めることができます。

  それから、司法官は私情にとらわれてと公金の罪を着服して提訴して調査を始めて、調査した後に拡大してサルコジの5年の任期の内で予約購入するすべての問い合わせあるいは世論調査まで(に)契約を報告します。司法官は2013年4月に布のイラクの緩い住所に対して捜査を行いました。

  それ以外に、監査院の2010年での1部の監察のリポートの中で指摘して、エリゼ宮は合理的だと節約する方面にとても大きい努力をして、2009年に9月のその後にまたPublifact会社に新しい世論調査のリポートを予約購入していません。
徳国黒金:http://www.xn--vcsp6r0y7bp4k.net/
蔵秘男宝:http://www.xn--pbtr90dtidpyo.com/