成田空港、今年夏ダイヤの総発着回数は週4322回 開港以来最高に

成田国際空港会社(NAA)は26日、平成27年夏ダイヤ(3月29日~10月24日)の総発着回数が、前年夏ダイヤより104回多い週4322回になったと発表した。昭和53年の開港以来、夏?冬両ダイヤを通じて最高という。格安航空会社(LCC)を中心に、国際線と国内線で新規就航や増便があったのが主な理由だ。同社が夏ダイヤのうち航空各社の標準的なデータを得やすい4月12~25日をもとに独自にまとめた。
三便宝
国際線の発着回数は、前年夏ダイヤより54回多い週3374回。旅客便に限ると、足元の訪日外国人客数の急激な増加などを背景に52回多い2908回となった。国内線の発着回数は、前年夏ダイヤより50回多い週948回と、開港以来最高。LCCのピーチ?アビエーションが3月29日に札幌線や福岡線に新規就航することなどが寄与した。

NAAは4月8日、LCC専用の「第3旅客ターミナル」の運用を開始し、国内外の5社が使用する。同社がまとめた夏ダイヤの発着回数によると、第3旅客ターミナルへの就航航空会社では国際線が週144回、国内線が週562回で計週706回となった。狼一号

実際にマッサージを受けて、自分の体の変化を実感

私のゼミでは、「体」がいかに大事なのか理論で学ぶだけでなく、ヨガや太極拳などで体を動かす、プロのマッサージ師を呼んで施術してもらうなどして、体験後にどんな感覚になるのか体験してもらいます。学生自身に体で感じてもらうことで、体とはどんなものなのか、心とどうつながっているのか感じ取ってもらうことを重視しています。

私自身も学生時代にアロママッサージを受けた経験から、人に触れられると心がリラックスし、癒やされたと実感した経験があったからです。また、アメリカに旅した時に、触れることによって親密な人間関係が築けることのすばらしさを味わいました。学生にも、実際に触れることの重要性を感じてもらい、後期以降の学びに生かしてほしいと思っています。
精力剤

[新製品]ワイモバイルのハート型のPHSが3月20日に発売、使用時はストレートに

ワイモバイルとウィルコム沖縄は、エイビット製のPHS端末「Heart 401AB」を、3月20日に発売する。カラーは、パールレッド、パールブラックの2色。
痩身1号
待受時にはハート型、使用時にはストレート型に変形して使用するPHS端末。液晶表示は本体に浮かび上がり、タッチセンサーで操作できる。また、スマートフォンからの電話帳の転送にも対応している。

連続通話時間は約2時間で、連続待受時間は約250時間。サイズは、ハート型時(待受時)が幅68×高さ68×奥行き26mm、ストレート型時(使用時)が幅43×高さ93×奥行き26mmで、重さは約54g。韓国痩身一号

広がる「自撮り棒禁止」=美術館、ベルサイユ宮も―仏

【パリAFP=時事】世界各国から観光客が集まるフランスの美術館で、スマートフォンなどに取り付けて自分の写真を撮る「自撮り棒」の使用を禁止する動きが広がっている。
男宝
パリ郊外にあるベルサイユ宮殿では、自撮り棒を持ち込まないよう来場者に呼び掛けており、近く正式に禁止する予定。ポンピドゥーセンター(仏国立近代美術館)でも禁止の方向という。ルーブル美術館でも使用者の急増が懸念されており、広報担当者は「まだ禁止していないが、展示物にカメラを向けないなどの規則を必ず守ってほしい」と話す。
 
禁止には賛否両論あり、ルーブル美術館を訪れた米国人女性は、自身も自撮り棒を使うとした上で「館内では危険だと感じることもある。間違って誰かに当てるかもしれない」と理解を示す。一方、マレーシアから来た男性は「館内のものを知り合いに見せたいのに」と不満げだ。五便宝

Samsung、モバイル決済サービス「Samsung Pay」を発表 - Apple Payに対抗

Samsung Electronicsはスペインのバルセロナで1日、モバイル決済サービスの「Samsung Pay」を発表した。同日発表の新端末「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」で利用でき、米国、韓国で今夏にサービスを開始する。欧州や中国でもサービスを提供するが、日本では不明。
大印象
Samsung Payの提供にあたり、同社はMasterCardやVisa、American Express、Bank of America、Citi、JPMorgan Chase、U.S. Bankといった世界の主要な金融機関とパートナーシップを提携。NFCによる決済のほかに、既存の磁気ストライプを利用する技術「Magnetic Secure Transmission(MST)」を採用したことで、全世界3000万店でモバイル決済サービスが利用できるという。
大印象
使用時においては、カード情報を登録し、Samsung Payアプリを呼び出して、指紋センサーで認証、販売店でのPOS端末に対応デバイスをタップすることで決済が完了するという。また、物理カードよりも高いセキュリティ機能を備えているとしている。
中絶薬
同社は先月18日にMSTを開発するLoop Payの買収を発表。AppleのApple Payが米国内で好調なスタートを切っており、今後はモバイル決済を巡って両社がしのぎを削ることになりそうだ。