「衛星」打ち上げ継続=長距離ミサイルで日米韓非難―北朝鮮

北朝鮮の国家宇宙開発局は8日、報道官談話を出し、「人工衛星」打ち上げを弾道ミサイル発射実験と見なす日米韓を非難した上で、「衛星」打ち上げは国連加盟国の普遍的な権利であり、今後も続けると強調した。朝鮮中央通信が伝えた。催情剤
 
北朝鮮はこれまで「衛星」打ち上げと称して長距離弾道ミサイルの発射実験を行ってきた。報道官は、金正恩第1書記が先に新たな衛星管制総合指揮所を視察したことに関して、米国などが「弾道ミサイル発射準備の一環」「世界の平和と安全を害する挑発」と評したことに反発。

「敵対勢力が挑戦しても、衛星はわが最高首脳部が要求する時間と場所で、宇宙に向かって次々と飛んでいくだろう」と述べた。 新一粒神
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/djfsgfgsdgf/10463