鄭夢準氏「FIFA会長選挙出馬を準備」

鄭夢準(チョン?モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長(63)が国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選挙に出馬する意向を示した。

鄭夢準氏は21日、本紙の電話取材に「FIFA会長選挙出馬を準備している。1カ月以内に出馬するかどうかを最終的に決める。会長選挙に出ることになったら、韓国でなく外国の象徴的な場所で出馬の弁を述べる」と語った。
ビグレックス
ゼップ?ブラッターFIFA会長(79)=スイス=は先月3日、米捜査当局がFIFAに対して行った厳しい不正捜査に白旗を揚げ、5回目の選出を果たした五日後に辞任の意向を表明した。ブラッター氏は来年2月26日に行われる選挙まで会長を務める。

鄭夢準氏は「ブラッター氏の長期政権がFIFAの不正腐敗をもたらした。今は新しい時代を開くべき時」と述べた。FIFA会長選挙に出馬する候補者は、投票日4カ月前の10月26日までに出馬申請書を提出しなければならない。vigrxプラス
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/djfsgfgsdgf/12417