社長と社员がそろって溺亡不幸

狼一号
「施設総連続潜った2回水を探し当てていないで、依然としておぼれる同僚、彼は第三回は上がってきて息を吐くときに「だめで、旅行が動かない」と感じ、みんなおかしいので、「早く帰ってきて」と怒鳴って。」万晴、施海宽に回遊幾下、岸まで三メートルほどの時、彼は瀋んでしまいました。

「施設総溺れた後、同僚たちが探してきたロープ、現場に駆けつけた警察官と一緒に彼をすくい取ってきた池。」当時、現場のスタッフ彭琼英は記者に教えて、施海宽引き上げられて来る時はもうない呼吸。殘念なことに、施海宽命を落とした。従業員も救えなかったこと。三體牛鞭「溺れる者の同僚は20代の若者で、後に駆けつけた六位消防進水後も見つからない彼。」万晴涙を拭いていますと。

10月9日午後、奉新県の入浴で一人の警察派出所に実証された記者に、「当日は交番、県消防队と120も出動した者を現場に、6台揚水機、一つの穴を掘って、池の水を排出する後、翌日に取り出した小伙子の遺体には、こんなに若いの二つの命はそうない、殘念。」威哥王
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/djfsgfgsdgf/5295