寒い脱衣所についての対策

脱衣室は電気ストーブなどで暖め、浴室はあらかじめ浴槽のふたを開けておく、お湯を張るときに高い位置からシャワーで給湯して湯気を立てるなどで、温度差を小さくします。壮三天

手っ取り早くて、費用のかからないところでは、事前にバスタブを開けたままお湯を沸かしたり、あるいはシャワーでバスタブのお湯を張ったり、洗い場にシャワーを流して床を暖めるだけでも効果はあります。脱衣所や浴室を事前に温めておくとか、お湯からいきなり出たり入ったりしないようにすることが、大事、浴槽へ入る前に、かけ湯を10回以上して身体を徐々に温めます。まずは心臓から遠い足先から順にかけ、頭にも充分かぶります。はじめほどお湯が熱く感じなくなってきたら入浴OKです。浴槽に入る前には、浴槽に溜めた湯の上下の湯温の差をなくすために湯をかき混ぜましょう。可能な場合は、家族による適切な見守りや、公衆浴場、日帰り温泉等を活用し、ひとりでの入浴を控えるといった方法も有効。年寄りに一番風呂を勧めるのはやめて、誰かが入った直後に入ってもらう方が安全です。また、熱すぎるお湯に入ることが体に大きな負担をかけるので、38度くらいのぬるめのお湯から入り、徐々にお湯の温度を上げていくという方法もあります。

食後1時間以内や飲酒時は、血圧が下がりやすくなるため、入浴を控えた方がよい。心筋梗塞などの死亡率は、夜より朝がダントツに高い。朝の高血圧に加え、冬の朝風呂は温度差で血圧が大きく変動しやすい。そのため血圧が安定する起床1時間後からの入浴が好ましい。高齢者は冬でも脱水症を起こす危険があります。特に入浴中は、血圧が変動する上に汗をかくことで血液の粘度が高まり、血管の詰まりを招きやすい状態になるので要注意。発汗で水分が失われるのに備えて、入浴前に水やお茶で水分補給をしておきましょう。精力剤
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/djfsgfgsdgf/5915