広がる「自撮り棒禁止」=美術館、ベルサイユ宮も―仏

【パリAFP=時事】世界各国から観光客が集まるフランスの美術館で、スマートフォンなどに取り付けて自分の写真を撮る「自撮り棒」の使用を禁止する動きが広がっている。
男宝
パリ郊外にあるベルサイユ宮殿では、自撮り棒を持ち込まないよう来場者に呼び掛けており、近く正式に禁止する予定。ポンピドゥーセンター(仏国立近代美術館)でも禁止の方向という。ルーブル美術館でも使用者の急増が懸念されており、広報担当者は「まだ禁止していないが、展示物にカメラを向けないなどの規則を必ず守ってほしい」と話す。
 
禁止には賛否両論あり、ルーブル美術館を訪れた米国人女性は、自身も自撮り棒を使うとした上で「館内では危険だと感じることもある。間違って誰かに当てるかもしれない」と理解を示す。一方、マレーシアから来た男性は「館内のものを知り合いに見せたいのに」と不満げだ。五便宝
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/djfsgfgsdgf/8531