GPUの熱を放熱フィン部へ運んでいるわけだ。

そのヒートシンクを取り外すことで,基板を詳しく見ることができるが,電源部はどうやら7+1+1フェーズ構成のようだ。部品にはMSIが「Military Class」と呼ぶ,米国防総省の定める軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠したという高耐久のものを採用しているのがポイントとなる。
エミルクロニクル RMT

インディーズゲームの小部屋:Room#427「The Count Lucanor」

最近は,人間性をガリガリと削られながら廃墟で死闘を繰り広げている筆者がお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第427回は,Baroque Decayの「The Count Lucanor」を紹介する。本作は,貧しい暮らしに嫌気が差して家を飛び出した男の子が,伯爵の跡継ぎを探しているという小鬼の甘言に乗せられて,不気味な城を探索するというアドベンチャーゲームだ。うーん,目を閉じると数々の死に様が蘇る……(トラウマ)。
ドラクエ10 アカウント

とくにヒロインの変更については,ATRでもかなり時間を割いて説明されていましたね。

FFXVとして,ストーリーを1作の中で完結させようと修正を加えていく中で,ヒロインの役どころを大きく変えなければいけないことが,すぐに判明したんです。
 ステラは,設定が全部公開されていたわけではないにせよ,皆さんの中に何となくイメージができあがっていました。そうなると,単純に役どころを変えてしまうのが難しいんです。
 最初のイメージと全然違う形でゲームに出てきたら,嫌がる人が絶対出てきますよね。

一番練習したのは自分たち」という試合前のコメント通り

その結果、最初の対戦となったのは、「あいうえおちーむ」vs「Orphanage」。Cブロック決勝で一度戦ったという因縁のある相手との再戦となったが、試合前にはカメラを意識して装備を見せびらかすという、大会らしからぬ和やかな一幕も。しかしいざ対戦が始まると、一瞬で有利と不利が入れ替わる一進一退の攻防が繰り広げられる。「Orphanage」側が、残すは1キルにまで追い詰められた時には、数人からの攻撃をかわし切ってしのぐと客席から歓声が上がるという盛り上がりも見せるも、結果は「あいうえおちーむ」が勝利。初戦から見事なリベンジを果たし、会場を盛り上げていく。
イザナギオンライン RMT
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others