『龍が如く』シリーズ ゲームジャンル:アクションアドベンチャー

ランニング・マンは、世界一俊足な傭兵として主人公スネークの前に立ちはだかるボスキャラクター。スネークは、神経ガスが充満している部屋で制限時間内に、その俊足で相手を翻弄する彼を倒さなければなりません。しかしながら、100メートルを9秒69という驚異的な速度で走るランニング・マンご自慢の「足の速さ」が「己の強さ」に直結する事はなく、彼の進路にただ地雷を置くだけで、あとは勝手に死んでくれるのです。ちなみに、戦闘前にステージを一周して自慢の俊足をアピールしてくれるのですが、アニメーション的には歩いているように見えて、あまり迫力がありません……。色んな意味で強烈な印象を残してくれました。
リネージュ2 RMT

事実,友好勢力の設定ができる韓国版では,独立しても元いた勢力と協定を結んでしまうため

国家として独立すると周囲の勢力が全て敵となる。日本版ではあえて友好勢力の設定をできなくしているそうで,石元氏によると,これは勢力バランスの不均衡を解決するための取り組みの一つでもあるのだという。領地を持つ大きなグループが独立することにより,残った人々で勢力のバランスが取れるのではないか……というわけだ。
チョコットランド RMT
Calendar
«  May 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others