大学に入った時から,職種はだいたい決まっていました。

職種を変えられる,と言うのは,言い替えれば,中途で変えても大丈夫な職種。
「職業選択の自由」と言えば,カッコいいのですが,誰でもそんなに苦労なく覚えられる仕事でないと,そう簡単に転職出来ない,とも言えそうです。

ウチは夫婦で獣医師免許持ち。但し,開業していない,非臨床系の職種です。
基本的には,獣医の専門領域の範囲内でしか,仕事は選ばないのが普通。
昔は獣医師免許を持っている人が教職も取って,教壇に立っていた人もいたようですが,今は6年間,みっちり詰め込まれますから,獣医師免許を活かせない職に就くことは,ほとんど無いようです。

つまり,大学を選んだ時点で,将来の職種はほぼ決まっていた。
選択できることと言えば,臨床か非臨床か。臨床の場合,産業動物か伴侶動物か。
非臨床の場合,家畜衛生分野か公衆衛生分野か基礎系か。
公務員獣医の場合は行政系と試験研究系に大別されます。

大学に残る人,卒業後しばらく外に出てから大学の教壇に戻る人もいますが,大学の入学者数は毎年,全国合計でもせいぜい1200人前後(公式な入学定員よりちょっと多めに取っています。途中で挫折する人も少なくない。)ですから,それを教えるスタッフの人数は,たかが知れています。
「教える」と言う意味では,動物系の専門学校の先生も,いくらか。

動物園は人気の割には,かなり少数派で,多くの動物園は公立なので,その場合,獣医職の公務員の配属先の1つとなっています。それから,競馬関係とか畜産関係団体とか。

少数派の例として,野生動物関係。
(この分野は,他の分野で収入を得ている獣医師が,本業の傍らで取り組んでいる場合も多い)
いずれにしても,専門分野から外に出ることは少ないのです。
医師免許を持つと医療関係分野の外に出にくいのと同様ですね。

そんなわけで,夫婦そろって,獣医の専門領域の中で仕事しています。
結婚や出産をしても仕事は続けます。行政的には,医師や歯科医師,獣医師,司法試験合格者,司法書士などの専門性の高い資格免許職については,社会的ニーズに見合っただけの人数を養成するのが普通で,原則,勤め人なら定年まで働くのが当たり前の世界です。
D10催情剤
淫インモラル
FLY D5