九州の茶碗蒸しは…

昨日から一泊で熊本の温泉に行ってきました。

うん、日頃の行いが悪いせいか散々でした。
まずは硫黄に撃沈…

子供の頃、硫黄の温泉で湯あたりして病院に運ばれた過去も。
旅行好きの親に連れられて子供の頃はよく
温泉地のリゾートホテルに連れ回されましたが
いつも部屋のユニットバスにお湯を溜めて入っていました。
(そもそも子供にとって大人の旅行とは、退屈過ぎるただの拷問です)

ってか今回泊まった旅館では湯舟は全然気にならなかったんですが
シャワーと部屋の洗面所の水がかなり硫黄臭いので
歯磨きで口をゆすぐのも気持ち悪かったです…

あとは飯にも撃沈…
これは好みだから俺の好き嫌いがいけないんだけど
胡麻豆腐、クラゲのミョウガ和え、柚子風味のお吸い物
春菊たっぷりのすき焼きと、
口いっぱいにオエッと香る物のオンパレードっ
そして、九州の茶碗蒸しには…具が梅干のみ~
具が梅干の茶碗蒸しは九州で2度目ですがヤッパリ馴染めない…
煮魚もあまり好きでないので
結局、まともに食えたのは天ぷらと鮮度の悪い刺身くらい~

ちなみに、春菊入ってなくてもすき焼きの味が嫌いなんですが
わかる人いませんか?生卵と絡めるとか更に意味が分からないです。
牛丼は大好きなんだけどね笑


そういやこないだのドイツ旅行でぶっ壊された
お気に入りのキャリーバッグですが
大掛かりな修理になるらしく
ANAがカタログから新しい物を選んで欲しいとの事

どんなキャリーなんだろう。
気に入らなければ修理してもらう予定~
だって、この色のキャリーお気に入りだものっ
巨人倍増:http://www.feelkanpo.com/view/427.html
三便宝:http://www.feelkanpo.com/view/823.html

質問あなたはどっち?

信じられない人間を、
好きになることがありますか?

この人は他に女がいるとか
分かってても好きになることは
あるかもしれない。
そういう意味での信用はね
無いことも有るかもしれないけど、

でも、付き合って、
住所教えない。
名前教えない。
教えられない人と付き合う??
それ、付き合ってていいの?

家には来るなってことだよね?
それ、
ただの知り合いじゃないの??

そんな相手に好きだとか言ってる、
意味がわかんない。

私も言われる。
名前教えて、
写真見せて。
嫌って答える。

だって恋人でもないのに
必要ないっしょ?と、思う。

まずは性格合わなきゃ、
好きにもならないし。

好きになるって、
信じるって事じゃないの?

いやいや友達でも信じられると
確信持てば教えるけどね。

一秒前でも前には
見せなくても、

一秒後でも後なら、
信じられるきっかけが有れば
見せる事もあるよね?

でもこれ友達じゃなくて、
恋人なら、

信じられない相手に、
好きって言う?

恋人でも兄弟でも友達でも、
俺は信じられないんだ!って
言ってのける人がいたの。

信じられなきゃ、
付き合えないよね?
だってデートとか、
信じてなきゃ車にも乗れないし、
カラオケだって行けないよ?
女の子がそれだけ信頼して
身を委ねてるのに、

俺は信じられない!なんて、
言ってのけてんのは、
甘えじゃない?
卑怯じゃない??
と、思った次第で、

信じられない相手を、
好きになります?

信じられない相手に、
好きって言います?

話聞いてて理解ができなくて(-_-;)

なんで恋人信じないの??
意味がわからん。
威哥王
ru486

牛乳は骨粗鬆症を悪化させる

日本人の高齢化とともに問題になっている骨粗鬆症という病気は、要するに骨が弱くなってスカスカになるというものです。そして、骨が弱くなれば、骨はカルシウムでできているのだからカルシウムの多い牛乳を飲めばいいということで、盛んに牛乳が薦められています。
その結果、骨粗鬆症が減ったという話は聞きません。逆にどんどん増えてきているのが、実態ではないでしょうか。
事実、牛乳を飲むと、骨粗鬆症はどんどん悪化するのです。なぜでしょうか。
骨粗鬆症というのは、骨からカルシウムやミネラルがどんどんなくなってしまう病気なのですが、なぜなくなるのかというと、血液が酸性になるため、それを中和するミネラル分が必要になるからなのです。そのミネラル分が食事によって得られないときに、足りないミネラル分を体内に蓄積された分、つまり骨からとってくるというわけです。
なぜ、血液が酸性になるのかというと、日常的に強い酸性のもの、肉や鶏肉、卵、牛乳やチーズ、砂糖、果物などをふんだんにとっている結果なのです。私たちは強い酸性になった血液をミネラルと化合することによって、弱酸性に変え、それを炭酸や水に変えて、体外に排出しているのです。
ところが、酸性の食物に加えて、最近の減塩ブームや、一日に何度もシャワーを浴びたりすることによって、ますますミネラルや塩分が不足していくわけです。同時に、食べ物も飲み物も、甘いものが多いため、塩分をとっても、どんどん中和されてなくなってしまうのです。さらに、農薬のかかっている野菜はミネラル分が半減しているばかりか、お米も精白して、外側にあるミネラル分をみんな捨ててしまうため、ミネラル不足に拍車がかかっているのです。市販の塩も、もともとはミネラル分がたくさん入っていたのですが、ほとんど塩化ナトリウムだけになってしまっているという具合で、ミネラル分が慢性的に足りなくなっているのです。
そうすると、仕方がないから骨に蓄積してあるところのミネラルを使うしかないわけです。骨からカルシウムが失われれば、その結果、さらに骨が弱くなっていきます。その弱くなった骨を強くするためにということで、強い酸性の牛乳をとっていたら、血液はますます酸性化していって、さらにミネラル分が必要になり、骨が弱くなるという悪循環に陥ってしまいます。
私たちは単純にカルシウムが多いから、安易に牛乳からカルシウムをとろうと考えるのではなく、なぜ牛乳の中にカルシウムが豊富にあるのかを考えるべきなのです。ということは、牛乳のカルシウムは何を食べた結果なのかということです。
牛乳にはカルシウムが多いからといって、牛は貝殻や小魚、卵の殻を食べているわけではありません。牧草や野草、穀物、豆などをとっています。牛乳のカルシウムは、それらによってできているのです。豆や野菜でも、大根の菜っ葉や人参の菜っ葉などにはカルシウムが豊富にあります。
そうしたものを私たちもまた、伝統的に食べてきたのです。ですから、牛乳や砂糖などをとらなかった時代には、骨粗鬆症などは誰一人としていなかったのです。
アメリカもその誤りに気がついて、現在栄養学が変わりつつあります。すでに、日本は5年近く遅れているのが現状なのです。
威哥王
ru486