母の愛情と先見の明

寝る前のいい話
戦国大名
尼子家の家臣
山中鹿之助は
子どものこと仲間を尼子方と敵方にわけて
チャンバラごっこをしていました。
その様子を見た鹿之助の母親は
鹿之助をびしゃりと叱りつけます。
「お前は尼子方の役で気持ちが良いかも知れないが
敵方の役になった子どもの気持ちを考えてみなさい。
どんな思いでいると思うの!」
また
母親はぼろぼろの服を着ている子には新しい服を作ってあげ
おなかをすかしている子には食事を振る舞いました。
尼子家が毛利元就に圧迫されるとなって
生活が苦しくなっても
鹿之助の仲間の面倒を見ることは忘れなかったそうです。
しかし
何年か後
尼子家は毛利元就に滅ぼされることになります。
その後
大人になった鹿之助は
尼子家再興のために立ち上がります。
すると
中国地方の各地から
どんどん人が集まってきたのです。
それは
鹿之助の母親が面倒を見てきた昔の仲間たちでした。
その中には
母親が仕立てた小さな服を着て現れるものもいたと言います。
このとき
鹿之助は初めて母親の思いを知り
涙を流したということです
ru486
中絶薬RU486