カギは湿度だったか・・・

夏なのだから、暑くてあたり前。でも、何日か前からは暑いけどベロリンとしていなかったけど、本日は朝からヘロヘロなのだった。この違いは、なんなのだろうと考えた。

 結論としては湿気だな。湿度が高いから汗が吹き出てくるけど、どの程度の湿度なのか計測をしていないが、湿度が低いからそれほどでもなかったのだ。扇風機では湿度に対抗できないので、こいつはそうそうにエアコンの登場になりそうだと思うのだ。

 太平洋の島々を駆け巡ったとき、行動すれば汗は出る。しかしそれほどでもなかったのは、この湿気が低かったからだろう。新聞記事などを読んでみても、外国人の多くは日本の気温というより湿気にクルクルしているらしい。湿気が一番の敵ということだな。

 長時間にわたって大気の湿度を低下させ、そして費用のかからない方法を考案するなら大金持ちだな。こういうのは失敗したにしても、エアコン環境下で考えた方が良い。
狼1号
中華牛鞭