ゲノム・ハザード

ゲノム・ハザード~ある天才科学者の5日間~
1998年文芸春秋版。
読み始めたのはたしかおとといだったか。
今日の外来が結構ひまで、読み終えてしまいました。
ていうか、スピード感があって、続きが気になってあっという間に読めてしまった。

ちょこちょこ腑に落ちない点、説得力がない点はあるものの。
意外な結末(?)犯人(?)にびっくりでした。
私 ミステリー好きですけど、犯人とかトリックとかまったく考えずに読む性質で、たいていネタバレ直前の(探偵が犯人に謎解きを始める)段階で「あ~そうだったんだ~」って思うですけど、
今回はネタバレしてから「え!?そうだったの???」「え!え!?」「うそ~なんで??」
って感じでした。
何も考えてなさすぎだろ、私。
で、ちょっとネタバレというか最後だけですが、まったくもってハッピーエンドでもなんでもなくて(一部ハッピー?なエンドではあるが)
ものすごく切なかったです。
ラスト。
切なくて切なくて。
なんだったんだ?この本?
何を訴えたかったんだ?
って作者に聞きたいですけど。

で、あまりにも切なくて苦しくて(恋してんのか、私)
このままでは終われなくて。
映画版のゲノムハザードのネットページを見てみました。
そしたら、原作とだいぶ内容違うわ。
あ、内容はそこまで違わないかも知れないけど、まず主人公の名前が違ったわ。
映画版は「イラストレーターの日本人」と「天才科学者の韓国人」なんだけど、そして原作はどっちも日本人。
そして「イラストレーターの日本人」の名前が映画と原作で違うのだが、これは変える必要があったのか??原作の名前が普通すぎたのか??
そして「イラストレーターの日本人」の妻役(美由紀)を真木よう子が演じているんだけど、
映画は見てないからどんなキャラクターかわかりませんが、
私の中での真木よう子と原作の美由紀のキャラクターがあまりにも違いすぎて・・・・
原作の美由紀はそうね、ちょっと古いけど高橋由美子があってるんじゃないかな。
あんな感じ。
愛くるしいわがままな一人娘のお嬢様、ですもんね。

あー切なかった。
心に染み入ったわ。