ビジネスフォンは買うものではなくレンタルするもの

多くの企業ではビジネスフォンはリース会社との契約で
レンタル品を使っているのではないかと思います。
ビジネスフォンは新品を買うと高価で割高ですし、
企業というのは一度に大きな出費をするのを(>_<)嫌がる物です。
毎月決まった出費なら予算として立てやすいし、
計画の中に組み込んで計算出来ます。
大きな金額を一度に動かすと、その損失を埋めるのに必要以上の
利益を出さなければならず、(ーー;)苦労する事になります。
その為に減価償却がある訳ですが、それでも(>_<)厳しい事には変わりありません。
その点、リースならその期間中は修理保証などもありますし、
突然の出費を(>_<)嫌う企業にとっては、故障でいきなり買い替えという
事態に陥らずに済むので、この点でも歓迎すべき事といえるでしょう。
元々、ビジネスフォンはそういったものとして考えられて
値段設定されているのではないか?とさえ思えます。
これは電話だけでなく、FAX、コピー機、いわゆる複合機などにも言える事です。

どんどん新しい機種が出る複合機の値段は(ーー;)高く、
一括で買うにはリスクが大きいのですが、リースでレンタルして
リース明けに新機種に切り替えれば、ほぼ負担なしに運用出来ます。
企業の備品の多くは、これらのようにレンタルで回っているという
現実があるのです。

http://www.tramsystem.jp/
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/earlean/12392
Calendar
«  July 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others