古い着物のリフォーム

私は、普段は自分で着物を着ることはほとんどない生活をずっとしてきました。
亡くなった母が結婚の際に奮発してあつらえてくれた留袖も、申し訳ないことに一度も袖を通すことはありませんでした。
でも、亡くなった祖母や母が残した着物が、処分もできずに長年自宅のタンスに大量に眠っていました。
着物の買取り業者さんにちょっと見てもらったこともあるのですが、いわゆる二束三文、捨てるようなものだと感じて、処分は思いとどまりました。
自分で着ることはないと言っても、残された着物の中には生地や柄が私の好みのものも多くあります。
そこで最近、着物のリメイク・リフォームに挑戦するようになりました。
最近は、そういった古い着物をリフォームしてバッグや洋服などを作る着物のリメイク本が、結構出版されています。
ハウツー本を片手に、久しぶりにミシンを押入れから引っ張り出し、ただ今奮闘中です。
そもそも洋裁もできない不器用な人なので、まだ巾着袋やシンプルなコースターなどの小物からスタートです。
重厚な帯の柄の部分や、留袖の裾の柄部分などを活かしてリフォームすると、小物でも「ハッ」と目を見張るような素敵な物が出来上がります。
今後は、柄や色はちょっと渋めでも素材の良い祖母の残した着物などを、シンプルなノースリーブのワンピースやチュニックとかにリフォームして、ふだん着として愛用したいと考えています。
次は何を作ろうかと思案しながら、タンスの中の古い着物を物色するのが、最近は楽しみになりました。

Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/earlean/13123
Calendar
«  August 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
 
3
4
5
6
7
9
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others