兄貴たちの日

おさげ髪の1年生が、下校途中の俺たちの前に立ち、可愛く飾り付けしたチョコレートの包みを恭しく差し出している。
「えっ? 悪いなぁ~ ありがとう、うれしいよ」
頭を掻き掻き、受け取ろうと伸ばした手の先、その1年生は、慌ててチョコレートを引っ込めた。俺を睨みつけながら、あろうことか、こうのたまう。
「違います! 日野先輩にです!」
その場で固まっている俺を押しのけるようにして、隣のヤツの前に再びチョコレートを差し出す。
「あ、そうか。ありがとう。君の気持ちを大切にして、これをいただくとしよう」
アイツめ、白い歯をキラリと光らせて、チョコを受け取った。しかも、送り主の1年生には、優しげでいてうれしげな印象を、一方で、隣の俺には、勝ち誇り馬鹿にしたような印象をあたえるという、見る角度によって違うイメージを抱かせる高度な笑顔を浮かべてやがる。

――クッ! クソーー!
無事、ヤツにチョコレートを渡し終えた1年生、ぺこりと頭をさげた。
「って、おい、俺には? 俺にはないのかよ?」
一瞬、戸惑ったような表情を浮かべて、俺を見つめる。期待を込めて、ニコニコと俺が見ている先で、途端に噴き出した。き、傷つく~
そのまま、俺を無視するような形で、きびすを返し、キャーッと黄色い悲鳴を上げて、離れていった。
「ご愁傷さまだな」
隣からの皮肉交じりのとどめの一言があったが、俺はもちろん華麗にスルーした。

「で、それで、何個目だよ、お前?」
「ん? ああ、7個目だな。今日、学校に来てからは」
「学校に来てからって、他の場所でももらったのかよ?」
「ああ、今朝、家をでるときに、近所の中学生がくれて行ったよ」
「お、お前なぁ~」
頭が痛くなりそう。
「どんだけ、モテモテなんだよ!」
「ん? そうか? これぐらい普通だと思うが」
「って、どこの世界の普通だよ!」
本格的に頭痛が・・・・・・
とにかく、この頭痛を治めるためには、甘いものが最適なはず!
「それ寄越せ!」
ヤツの手元のチョコを強奪しようと伸ばした手を、ヤツはいともあっさりと払いのける。当然だ。空手の黒帯なのだから。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/efrfrgtgb/27006
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others