私の財布を悩ませる種、それは・・・?

新車であれば初回時のみ3年、そのほかは2年に1度行わなければならない車検ですが、その車検費用というものも、財布を悩ませる種ではないでしょうか。

この車検費用というものは、簡単に言うと、法定費用と点検整備費用の合算の額ということになります。

法定費用というものは、その車に乗るという限り払わなければならないお金です。

印紙代、自賠責保険料、重量税は必ず納めなければならないのです。

これって結構きついですよね。この前期限が迫ってきた時にいろいろあり、車検費用が足りないという事態となり、カードローンを利用してなんとか乗り切りました。

軽自動車で3万円弱、重量によって違いますが一般的な乗用車で4万円強は必ずかかるものです。

点検整備費用は、車検の依頼先に支払うお金です。ですので、ユーザー車検をした場合にはこの料金というのはかかりません。

したがって、車検費用が一番安く済むのがユーザー車検ということになります。

メンテナンスをしっかりしたいのであれば、ディーラーや整備工場で点検してもらうのが良いでしょう。

特にエンジン周りは車の寿命に関わるのでしっかりと見てもらうと、その後も安心です。
Comment
name:

comment:

Calendar
«  June 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
5
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others