夏の夜に涼を求めて

こんばんは。

秋ももうそこ迄来てますが、五夜神まだまだ暑い夜が続きますね。

え?夜は涼しい?

いやいや、暑い夜が続くんです。
じゃないとこの日記が成り立た…
とにかく続くんです!

暑い夜に涼を求める時は、皆さんどうします?

…。
そうですね、ホラー小説を読みますよね。
でもそんなホラーヲタのあなた、たまには趣を変えてみるのも一興ですよ?

例えば…

20世紀初頭、ロンドンのプリムローズ・ヒルにて起きた殺人事件。
容疑者はグリーンとベリーとヒルの3名。
プリムローズ・ヒルは17世紀まではグリーンベリーヒルと言う地名だった。
紅蜘蛛:http://xn--19zl5rhf.akanpo.net/

巨人倍増:http://www.xn--gmq15an1qquf7nnhnq.net/
とか、

マイルズ・N・ルーカスと言う初老の男が衝突事故を起こし、弾き飛ばされとある墓石に激突して死亡。その墓石には
『マイルズ・N・ルーカスここに眠る』
と書かれていた。※つまり同姓同名の他人の墓石

とか、五夜神

バミューダ諸島のとある島でタクシーが一人の乗客と走行中、二人乗りのバイク(兄弟)と接触事故。
その1年後、そのタクシーは偶然事故の時の客を乗せ今度は死亡事故を起こす。
死亡事故の相手は、1年前のあの二人乗りバイクだった。

とか、

20世紀の初期のメジャーリーグ珍記録。6試合連続でホームランを放ったのに、ベースの踏み忘れやら前走者追い越しやら打順ミスやら雨天無効試合やらで6試合のホームラン全てが無かった事になった男の話。

とか、興味深くないですか?

他にもありますよ。

自宅の排水溝にウッカリ流してしまった結婚指輪が、巡り巡って旅行中の船内食から出てきた話とか、

ある男を含む数名が乗った船が難破、それを救った船も難破、と助かる度に難破を繰り返し、最後に救助された客船で出会ったのは生き別れた母だった話とか、

連続で頭の上に同じ赤ちゃんが降ってきた災難な男の話とか、

アパートの下の階の住人の焚いた殺虫剤によって狂ったゴ○ブリ約1万匹に食い殺された女性の話とか…。

これらの話、確か【M6生精片世にも奇妙な偶然】と言うタイトル(うろ覚え)の本に紹介されていたお話です。

どうでしょう。
創作のホラーも良いですが、たまには事実は小説よりも奇なりを地でゆく本に涼を求めるのも、悪くないと思いますよ。

では…。