猫ひろしやオードリー春日、芸人の“アスリート化”なぜ?

8月5日から開幕するリオデジャネイロ五輪の男子マラソンに、芸人の猫ひろしがカンボジア代表選手として出場する。当初、バラエティ番組の企画として始めたマラソンだったが、いつしかのめり込み、五輪出場を目指して2011年にカンボジアに国籍を移すなど苦節の末、ついにその夢を実現した。猫に限らず近年は、オードリーの春日俊彰やじゅんいちダビッドソン、ロバートの山本博など、“アスリート化”する芸人が増加中。なぜ今、芸人たちはスポーツを究めようとするのか? 芸人たちがアスリート化する理由を探ってみよう。
媚薬 販売

◆引退のないお笑い界で“兼務”は必須、その挑戦もいつしか芸の肥やしに

 この芸人たちのアスリート化現象だが、単なる話題作りなどではなく、彼らはあまりにも“ガチ”で挑んでいる。猫で言えば、前回のロンドン五輪出場をめぐって、「国籍を変えてまで出るのは倫理的にいかがなものか?」、「記録的にはレベルが低いから出場する意味がない」などなど、バッシングに近い報道もあったが今回晴れて五輪出場が決定。世間的にも、逆境でもあきらめなかった猫はすごいといった感じで、おおむね好意的に捉えられている。
威哥王販売

 また、オードリーの春日とじゅんいちダビッドソンは、バラエティ番組『炎の体育会TV』(TBS系)の企画で、足ひれを着用する競泳“フィンスイミング”に挑戦。両者らがチームを組み、今年6月に出場したチェコ・プラハでのW杯マスターズ「4×100メートルリレー」では見事、銀メダルを獲得した。春日もじゅんいちも、日本大会を正式に勝ち抜いた立派な“日本代表選手”であり、チームで力を合わせて銀メダルを獲得する姿には、視聴者も素直に感動させられたことだろう。イカオウ
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others