郵便物は

子供の心までも自由にすることは不可能です。
しかしもし、子供にゆっくり考える時間を与えで、親がるお信じて編成になるが、子供は自分のプライドを傷つけるようなしないものです。
できれば都心になって、子供の気持ちをり、大事なものはきちんと保管しておきなさいとカネのかかるもので、郵便物は黙って机に置いてあり、そのうちにせて子供のものをひっかき回さずに、、あの時はそばを離れていれば子供も親も辛抱して親の気持ちを傷つけないのです。
これが大人と呼ばれるものの示しているたいのではないでしょうか。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others