被爆70年にメッセージ期待 日本初のCTBT賢人会議

核爆発を伴う核実験禁止を目指す包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効を促進するための「賢人会議」が24日、広島市で開かれた。日本での開催は初めて。開会式で松井一実市長は被爆70年となる広島での開催を歓迎し「『広島宣言』として、核兵器のない世界に向け力強いメッセージが発信されることを期待する」と述べた。
女性用媚薬

漢方薬激安
 会議は25日まで2日間の日程で非公開。「核なき世界」を提唱する米国のペリー元国防長官や、英国のブラウン元国防相らが参加。ペリー氏は開会式で、現在の国際情勢の難しさを挙げ、条約発効に向けた会議での議論の重要性を指摘した。

《経済》 ジヤトコ 「プラチナくるみん」認定

◆男性育休利用43% 厚労省制度で県内初

 自動車用変速機大手のジヤトコ(富士市)が、仕事と子育ての両立支援に取り組む企業を対象にした厚生労働省の「プラチナくるみん」の認定を県内で初めて受けた。

 二〇一二年四月からの三年間の女性社員の育児休職利用率が98%だった。配偶者が出産した男性社員のうち、育児目的の休暇の利用も43%と高水準だった。

 産前産後休暇制度や多様な働き方を支援する在宅勤務制度、フレックスタイム制度を導入していることなども評価された。七月三十日付で認定され、八月五日に静岡労働局が認定通知書を交付した。
中国精力剤

紅蜘蛛
 「くるみん」制度は赤ちゃんを包む「おくるみ」と「職場ぐるみ」の意味を込め、子育て支援に積極的に取り組む企業などを認定している。県内の認定企業は四十三社(六月末時点)。「プラチナくるみん」は二〇一五年度から始まり、申請のあった「くるみん認定企業」の中から、優れた取り組みをしている企業を認定する。

1000kmリレー 県内入り

東日本大震災の被災地を経由して青森市から東京までをたすきでつなぐ「未来あしたへの道 1000km縦断リレー2015」が5日、県内入りし、旭市役所でゴール式が行われた。復興を後押ししようと東京都などが主催し、2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで5年の7月24日に出発。公募に応じた参加者らが15日をかけ、たすきをつなぐ日程が組まれている。
紅蜘蛛

漢方精力剤
 13日目となる5日は、茨城県から本県に入り、津波で体育館などが浸水した旭市立飯岡中学校などを経由した。6日は午前8時半から旭市役所でスタート式を行い、山武市などを経て県庁に向かう。